キリストとの出会い 主の降誕(ルカ2・1~14)

主の降誕の朗読箇所では、いつもキリストの誕生の方に目を向けていきますが、今回はちょっと視点を変えて、イエスを最初に訪問した羊飼いたちに目を向けてみることにしましょう。

羊飼いたちはベツレヘムで野宿をしていました。彼らは羊と移動しながら生活をしていた貧しい人々です。今日はベツレヘムかもしれませんが、明日はまた別の場所に移動したことでしょう。一定の住居、一定の収入がある訳ではないので、彼らには不安定な毎日が続いたことでしょう。彼らは生きる厳しさをよく知っているし、羊のために牧草を求めて的確な判断(移動)が求められました。しかし、羊を育てる喜びは人一倍持っていたことでしょう。羊と生活をともにすることによって、羊たちの成長を目にし、生きる喜びを感じたことでしょう。そんな彼らに主の栄光が現れます。「わたしは、すべての民に及ぶ大きな喜びのおとずれをあなたがたに告げる。きょう、ダビデの町に、あなたがたのために、救い主がお生まれになった」(ルカ2・10~11)。天使のこの言葉は、羊飼いにとって大きな驚きとともに、やがては大きな喜びへと変わっていきました。

救い主の到来の喜びが、偉大な学者たちではなく、ファリサイ派や律法学者でもなく、素朴で、生活のあてもない羊飼いにその喜びが伝えられることになりました。そんな羊飼いたちがキリストに出会う機会をいただきます。神様のなさりかたはとても不思議に感じます。

私たちはミサやみことばを通してキリストに出会うことができます。羊飼いのような謙虚さであれば、その出会いは容易なものとなります。今日一日、キリストとの出会いを求めてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東京の中心に皇居があり、それを囲むように内堀、またそれを囲むように外堀があります。外堀と内堀の間には…
  2. パウロ家族合同(召命担当者)の「祈りの集い」が行われました。テーマは、『いただいた、恵みに気づくマイ…
  3. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  4. 日本では(2017年は)7月25日と8月6日が土用の丑の日ですが、暑気払いにと思ってウナギを食べに行…
  5. 先月6月30日の聖パウロの祝日に、無事、終生誓願を宣立することができました。これも兄弟姉妹である聖パ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. いつも当会のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、Facebookの投稿記…
  2. ベトナムはフン・ヴオング王の命日ということもあり、ベトナム語学校は4月6日(木)と7日(金)はお休み…
  3. 外国に行って、ミサに与る時たとえ言葉は分からなくても、いま、第1朗読を読んでいる、福音書が朗読されて…
  4. 2月23日は、スミルナの司教、聖ポリカルポの記念日です。スミルナという町は、小アジア半島西岸に位置す…
  5. 聖ヨハネ・ボスコ司祭の記念日は1月31日です。ヨハネ・ボスコは、1815年8月に北イタリアのカステル…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »