キリストとの出会い 主の降誕(ルカ2・1~14)

主の降誕の朗読箇所では、いつもキリストの誕生の方に目を向けていきますが、今回はちょっと視点を変えて、イエスを最初に訪問した羊飼いたちに目を向けてみることにしましょう。

羊飼いたちはベツレヘムで野宿をしていました。彼らは羊と移動しながら生活をしていた貧しい人々です。今日はベツレヘムかもしれませんが、明日はまた別の場所に移動したことでしょう。一定の住居、一定の収入がある訳ではないので、彼らには不安定な毎日が続いたことでしょう。彼らは生きる厳しさをよく知っているし、羊のために牧草を求めて的確な判断(移動)が求められました。しかし、羊を育てる喜びは人一倍持っていたことでしょう。羊と生活をともにすることによって、羊たちの成長を目にし、生きる喜びを感じたことでしょう。そんな彼らに主の栄光が現れます。「わたしは、すべての民に及ぶ大きな喜びのおとずれをあなたがたに告げる。きょう、ダビデの町に、あなたがたのために、救い主がお生まれになった」(ルカ2・10~11)。天使のこの言葉は、羊飼いにとって大きな驚きとともに、やがては大きな喜びへと変わっていきました。

救い主の到来の喜びが、偉大な学者たちではなく、ファリサイ派や律法学者でもなく、素朴で、生活のあてもない羊飼いにその喜びが伝えられることになりました。そんな羊飼いたちがキリストに出会う機会をいただきます。神様のなさりかたはとても不思議に感じます。

私たちはミサやみことばを通してキリストに出会うことができます。羊飼いのような謙虚さであれば、その出会いは容易なものとなります。今日一日、キリストとの出会いを求めてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 高山右近 模範となる指導者の姿キリシタン大名として、また茶人として神を愛し、人を愛し続けて信仰を…
  2. マタイによる福音書(20・1−16)「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園…
  3. 少し前に『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』という映画を観ました。これは、最愛の娘を誘拐され殺…
  4. とまにちわ!なぜかまたもしても、遠足の幹事に・・・。とはいっても、場を盛り上げるでもなく…
  5. 今日のみことばの背景は、ファリサイ派の人々や律法学者たちが、「この人(イエス)は罪人たちを受け入れて…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年4月8日、ブラジルのサンパウロにあるFAPCOM(パウルス・テクノロジーとコミュニケーショ…
  2. マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の『沈黙』を映画にしようと28年間温めて来た作品『沈黙 ―サイレ…
  3. 今日、「聖霊降臨」をお祝いしていますが、「聖霊」という表現を信者でない方が耳にした時、ちょっと違和感…
  4. 2017年2月7日は「高山右近の列福式」です。昨年の秋は「うーこんどの」が大阪を中心に出没しました。…
  5. 最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今で…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »