御像について――キリスト教知恵袋

カトリック教会に入るとイエス像、マリア像、聖人たちの像があります。これらの像について、カトリック教会はどう考えるのでしょうか?

カトリック教会には、イエス像、マリア像、聖人たちの像、絵画、イコンなどが置かれています。このような聖画像を礼拝のために用いるカトリック教会と、プロテスタントの諸教会では、その考え方が異なっています。

確かに、出エジプト記の二十章四〜五節には、「あなたはいかなる像も造ってはならない。……あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない」という掟があります。この聖書の言葉に基づいて判断すると、イエス像、マリア像、聖人たちの像、イコンなど聖画像は、偶像礼拝(崇拝)になるのではないかという疑問が生じます。

教会の歴史の中でもこのことが議論され、八世紀の初め頃、東ローマ帝国の皇帝レオ三世は、聖画像を礼拝のために用いることを禁止し(七二六年)、いわゆる「聖画像破壊運動」(イコノクラスム)が起こりました。そのため教会の中に、抵抗と混乱が生じました。これに対し、聖画像を礼拝のために用いることを擁護するローマ教皇グレゴリオ二世が、皇帝レオ三世にあてた手紙が残っています。この手紙の中で、教皇グレゴリオ二世は、次のように説明しています。

「あなたは、われわれが石や壁や石板を礼拝していると言う。しかしわれわれは、あなたが言うようにしているのではない。われわれの記憶を呼び起こすため、またわれわれのぼんやりした心を天上に向けるために、……聖画像を置くのであって、あなたが言うように神々として崇敬しているのではない。われわれは聖画像に希望を置くのではない……」(『カトリック教会文書資料集』581)。

すなわち、聖画像はそれによって表わされているイエス、マリア、聖人たちを、より効果的に思い起こさせる「感覚的なしるし」にすぎず、聖画像そのものを、真の神であるかのように礼拝しているのではないという考え方です。このことは、第二ニケア公会議(七八七年)によって確認され、今日に至っています。(『カトリック教会文書資料集』600〜601、『カトリック教会のカテキズム』1159〜1162参照)。

●回答者=白浜満神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 百貨店のエレベーターの中で、お母さんとお嬢さんが「ああ、クリスマスも終わりお正月も終わって、後は、『…
  2. こどもたちには、神さまのことを思う時間が必要です。この本には、その助けとなる聖書の物語、お祈り、…
  3. 教会の歴史を振り返ってみると、とても興味深いものです。うまくいった時代もあれば、種々の困難を抱えてい…
  4. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
  5. 今の社会は、「ストレス社会」と言ってもいいでしょう。最近「キラーストレス」という言葉が出て来て、過度…
PAGE TOP
Translate »