「女たちは黙っていなさい」について

聖パウロはすごい聖人だと思いますが、「女たちは教会では黙っていなさい」などの女性蔑視の言葉には、とても抵抗を感じます。聖パウロの真意はどこにあるのでしょうか。

女たちは、教会では黙っていなさい。彼女たちには語ることが許されていません。律法も言っているように、女たちは従う者でありなさい。何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。女にとって教会の中で発言するのは、恥ずべきことです。(一コリント14・34〜35)

右の2節はパウロが書いたものではなく、後代の人が書き込んだものだと考えられています。というのも、この2節を14章の最後に書き足している写本が発見されているからです。6世紀に書かれた『ベダ写本』がその代表です。さらに、この2節の内容がパウロの女性観や、パウロが生きた時代の教会の状況と合致していないことも、パウロが書いたものではないと考える根拠になっています。

パウロは男性中心主義のユダヤ教社会に育ちましたが、キリスト教徒になってからは、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。皆、キリスト・イエスにおいて一つだ。(ガラテヤ3・28)と断言しました。ここまで言い切るパウロが「女たちは黙っていなさい」と言うでしょうか。

パウロ時代の教会の女性たちは、大変活躍していました。パウロの宣教仲間にも多くの女性が含まれていました。その一人がフェベですが、彼女はケンクレアイの教会の責任者でした。教会の責任者が女性であるのに、どうして「女は黙っていなさい」と言えるでしょうか。

女性たちの活躍は続きました。紀元百十二年ころに書かれた総督プリニウスの書簡では、キリスト教の実態を把握するために教会の二人の責任者を逮捕し、拷問にかけたことが述べられていますが、この二人の責任者は女性であり、しかも奴隷であったと記されています。当時の教会では、女奴隷でも責任者になりました。このような教会にあって「女は黙っていなさい」と言うことには無理があります。

やがて教会の体質に変化が生じ、「女たちは黙っていなさい」が教会の体質となる時代が来ます。教会のローマ化の時代です。ローマ社会は典型的な男性社会でした。ローマ社会に受け入れられるために、教会は女性の自立性とイニシャティブを犠牲にしたのです。

女は、静かに、まったく従順に学ぶべきです。女が教えたり、男の上に立ったりするのを私はゆるしません。むしろ、静かにしているべきです。(一テモテ2・12)。

これは二世紀の前半に書かれた手紙です。パウロの手紙と言われますが、パウロが書いたものではありません。この手紙が書かれた教会における女性の役割と、パウロ時代の女性の役割には、雲泥の差があります。

先に引用した『一コリント』の2節は、後に引用した『一テモテ』を参考にして、後世に書き込まれたものだと考えられています。

「女は黙っていなさい」の書き込みは、キリスト教がローマ帝国時代を生き抜くために支払った代価が、「女性の自立性の放棄」であったことを証ししています。

・回答者=鈴木信一神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  2. 1917年5月13日、聖母マリアがポルトガルのファティマにご出現なさって100年になります。今回は、…
  3. 私たちの中には、善を行おうとする心と、悪を行おうとする心の2つの心があるのではないでしょうか。どちら…
  4. 2017/3/24

    神のお告げ
    3月25日は「神のお告げ」の祭日です。多くの人は、この祭日をマリアの祭日と考えていますが、これは、ま…
  5. 中学生や高校生のころ、視力は裸眼で1.5くらいありました。眼鏡も不要で、とても快適でした。それが年齢…

ピックアップ記事

  1. 1月20日に記念される聖セバスチアノは、3世紀あるいは4世紀初めにローマで殉教した聖人です。セバスチ…
  2. 日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の6か国の管区長、地区長、使徒職責任者、編集責任…
  3. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  4. インターネット通販<パウルスショップ>の【世界宣教の日特集】は、もうチェックしましたか?10月の…
  5. 「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということば…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »