「女たちは黙っていなさい」について

聖パウロはすごい聖人だと思いますが、「女たちは教会では黙っていなさい」などの女性蔑視の言葉には、とても抵抗を感じます。聖パウロの真意はどこにあるのでしょうか。

女たちは、教会では黙っていなさい。彼女たちには語ることが許されていません。律法も言っているように、女たちは従う者でありなさい。何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。女にとって教会の中で発言するのは、恥ずべきことです。(一コリント14・34〜35)

右の2節はパウロが書いたものではなく、後代の人が書き込んだものだと考えられています。というのも、この2節を14章の最後に書き足している写本が発見されているからです。6世紀に書かれた『ベダ写本』がその代表です。さらに、この2節の内容がパウロの女性観や、パウロが生きた時代の教会の状況と合致していないことも、パウロが書いたものではないと考える根拠になっています。

パウロは男性中心主義のユダヤ教社会に育ちましたが、キリスト教徒になってからは、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。皆、キリスト・イエスにおいて一つだ。(ガラテヤ3・28)と断言しました。ここまで言い切るパウロが「女たちは黙っていなさい」と言うでしょうか。

パウロ時代の教会の女性たちは、大変活躍していました。パウロの宣教仲間にも多くの女性が含まれていました。その一人がフェベですが、彼女はケンクレアイの教会の責任者でした。教会の責任者が女性であるのに、どうして「女は黙っていなさい」と言えるでしょうか。

女性たちの活躍は続きました。紀元百十二年ころに書かれた総督プリニウスの書簡では、キリスト教の実態を把握するために教会の二人の責任者を逮捕し、拷問にかけたことが述べられていますが、この二人の責任者は女性であり、しかも奴隷であったと記されています。当時の教会では、女奴隷でも責任者になりました。このような教会にあって「女は黙っていなさい」と言うことには無理があります。

やがて教会の体質に変化が生じ、「女たちは黙っていなさい」が教会の体質となる時代が来ます。教会のローマ化の時代です。ローマ社会は典型的な男性社会でした。ローマ社会に受け入れられるために、教会は女性の自立性とイニシャティブを犠牲にしたのです。

女は、静かに、まったく従順に学ぶべきです。女が教えたり、男の上に立ったりするのを私はゆるしません。むしろ、静かにしているべきです。(一テモテ2・12)。

これは二世紀の前半に書かれた手紙です。パウロの手紙と言われますが、パウロが書いたものではありません。この手紙が書かれた教会における女性の役割と、パウロ時代の女性の役割には、雲泥の差があります。

先に引用した『一コリント』の2節は、後に引用した『一テモテ』を参考にして、後世に書き込まれたものだと考えられています。

「女は黙っていなさい」の書き込みは、キリスト教がローマ帝国時代を生き抜くために支払った代価が、「女性の自立性の放棄」であったことを証ししています。

・回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 公式Twitterアカウントを開設しました。【Twitterアカウント】@sspinfo…
  2. 故ユスチノ戸村修神父の葬儀に際しましてはご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重…
  3. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  4. 2017/5/14

    聖マチア使徒
    5月14日は聖マチア使徒の祝日です。マチアという人は、他の使徒たちと異なり、イエスが十字架上で亡くな…
  5. 「使徒の女王マリア」の祝日は、私の属する修道会、聖パウロ修道会に固有の祝日で、聖霊降臨の主日の前日に…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »