「女たちは黙っていなさい」について

聖パウロはすごい聖人だと思いますが、「女たちは教会では黙っていなさい」などの女性蔑視の言葉には、とても抵抗を感じます。聖パウロの真意はどこにあるのでしょうか。

女たちは、教会では黙っていなさい。彼女たちには語ることが許されていません。律法も言っているように、女たちは従う者でありなさい。何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。女にとって教会の中で発言するのは、恥ずべきことです。(一コリント14・34〜35)

右の2節はパウロが書いたものではなく、後代の人が書き込んだものだと考えられています。というのも、この2節を14章の最後に書き足している写本が発見されているからです。6世紀に書かれた『ベダ写本』がその代表です。さらに、この2節の内容がパウロの女性観や、パウロが生きた時代の教会の状況と合致していないことも、パウロが書いたものではないと考える根拠になっています。

パウロは男性中心主義のユダヤ教社会に育ちましたが、キリスト教徒になってからは、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。皆、キリスト・イエスにおいて一つだ。(ガラテヤ3・28)と断言しました。ここまで言い切るパウロが「女たちは黙っていなさい」と言うでしょうか。

パウロ時代の教会の女性たちは、大変活躍していました。パウロの宣教仲間にも多くの女性が含まれていました。その一人がフェベですが、彼女はケンクレアイの教会の責任者でした。教会の責任者が女性であるのに、どうして「女は黙っていなさい」と言えるでしょうか。

女性たちの活躍は続きました。紀元百十二年ころに書かれた総督プリニウスの書簡では、キリスト教の実態を把握するために教会の二人の責任者を逮捕し、拷問にかけたことが述べられていますが、この二人の責任者は女性であり、しかも奴隷であったと記されています。当時の教会では、女奴隷でも責任者になりました。このような教会にあって「女は黙っていなさい」と言うことには無理があります。

やがて教会の体質に変化が生じ、「女たちは黙っていなさい」が教会の体質となる時代が来ます。教会のローマ化の時代です。ローマ社会は典型的な男性社会でした。ローマ社会に受け入れられるために、教会は女性の自立性とイニシャティブを犠牲にしたのです。

女は、静かに、まったく従順に学ぶべきです。女が教えたり、男の上に立ったりするのを私はゆるしません。むしろ、静かにしているべきです。(一テモテ2・12)。

これは二世紀の前半に書かれた手紙です。パウロの手紙と言われますが、パウロが書いたものではありません。この手紙が書かれた教会における女性の役割と、パウロ時代の女性の役割には、雲泥の差があります。

先に引用した『一コリント』の2節は、後に引用した『一テモテ』を参考にして、後世に書き込まれたものだと考えられています。

「女は黙っていなさい」の書き込みは、キリスト教がローマ帝国時代を生き抜くために支払った代価が、「女性の自立性の放棄」であったことを証ししています。

・回答者=鈴木信一神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…
  2. 時々引っ越すのもよいのかもしれません。私自身を振り返ってみると、これまでにもけっこう引っ越してきまし…
  3. 教会は、ベトナムの殉教者、聖アンデレ・ジュン・ラク司祭と116名の殉教者を11月24日に記念します。…
  4. 山上の説教が行われた教会からガリラヤ湖を望むと、緑に囲まれ、なだらかな風景に雄大さを感じます。イエス…
  5. 人はだれでも心の奥底で「美しいものを信じて」生きていきたいと願ってはいないだろうか。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »