「異言」について

一コリ13章と14章に書かれている異言について、カトリック教会としての解釈、立場を教えてください。

「異言」は、コリントの信徒にあてた第一の手紙の12章から14章に集中的に出てきます。ここで言われている「異言」は、意味不明で痙攣的なものではありません。異言は霊の賜物(カリスマ)であって、たとえ異言を話している本人が忘我的状態であって、言っていることが分からない状態であっても、他の人がこれを通訳することができました。異言を通訳する能力もまたカリスマでした。コリント教会の人々は、異言を非常に評価し、これに夢中であったようです。当時の人々の中には「異言」を天使の言葉ではないかと考える向きもあったようです。

聖パウロも異言をよく語ることができました。かれは「わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れることを、神に感謝します」と言っています(コリントの信徒への第一の手紙14章18節)。しかし、パウロは異言に夢中になるコリントの信徒たちに対して、異言よりも重要なカリスマがたくさんあること、特に愛のカリスマを大切にするように諭しました。

異言は、キリスト教独自のものではありません。ユダヤ教をはじめ、他の宗教にも見られるものです。なお、新約聖書全体では、使徒言行録10章46節や19章6節にも、異言についての言及があります。

現代でも、多くはありませんが異言は語られています。大切なことは、霊の賜物としての異言に気づくことです。そして、霊の最高の賜物は、異言や奇跡にもまさって「愛」であることを、しっかりと心に刻み付けることではないでしょうか。

・回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  2. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  3. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  4. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  5. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 夏から秋の田んぼを見ると、たくさんのお米をつけた稲を目にすることができます。その実った稲を見る時、自…
  2. 2017年11月1日から11月30日までの掲載記事トップ10をご紹介します。※森司教の動画は1週…
  3. 今日(4月1日)は学校も休みだったので、ホーチミン市内にあるチャータム教会を訪問してみました。…
  4. 2017/4/10

    修道院の蜂蜜
    とまにちわ!イタリアの修道院で採集されたという、修道院の蜂蜜。クマ気分でテイスティングし…
  5. 私たちは、時々不条理な扱いを受けることがあります。他人から、「どうしてそこまで自分のことを言われなけ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »