「異言」について

一コリ13章と14章に書かれている異言について、カトリック教会としての解釈、立場を教えてください。

「異言」は、コリントの信徒にあてた第一の手紙の12章から14章に集中的に出てきます。ここで言われている「異言」は、意味不明で痙攣的なものではありません。異言は霊の賜物(カリスマ)であって、たとえ異言を話している本人が忘我的状態であって、言っていることが分からない状態であっても、他の人がこれを通訳することができました。異言を通訳する能力もまたカリスマでした。コリント教会の人々は、異言を非常に評価し、これに夢中であったようです。当時の人々の中には「異言」を天使の言葉ではないかと考える向きもあったようです。

聖パウロも異言をよく語ることができました。かれは「わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れることを、神に感謝します」と言っています(コリントの信徒への第一の手紙14章18節)。しかし、パウロは異言に夢中になるコリントの信徒たちに対して、異言よりも重要なカリスマがたくさんあること、特に愛のカリスマを大切にするように諭しました。

異言は、キリスト教独自のものではありません。ユダヤ教をはじめ、他の宗教にも見られるものです。なお、新約聖書全体では、使徒言行録10章46節や19章6節にも、異言についての言及があります。

現代でも、多くはありませんが異言は語られています。大切なことは、霊の賜物としての異言に気づくことです。そして、霊の最高の賜物は、異言や奇跡にもまさって「愛」であることを、しっかりと心に刻み付けることではないでしょうか。

・回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 教会の歴史を振り返ってみると、とても興味深いものです。うまくいった時代もあれば、種々の困難を抱えてい…
  2. 東日本大震災後78カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…
  4. 本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「…
  5. ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!あけましておめでとうございます。今年もゆるく綴っていきますのでよろしくお願い…
  2. 10月19日に任意の記念日として祝われる十字架の聖パウロは、日本でも活躍している御受難修道会の創立者…
  3. 【アイルランドからあの聖人を連れたロザリオがずらり!】「わぁ、素敵♪」と、歓声があがること間違い…
  4. 2017年5月5日~9日、イタリアのシチリアでパウロ家族の集いが行われ、総長のヴァルディル・ジュセ・…
  5. 今回は、現代の聖人の一人、聖ピオ(ピエトレルチーナ)について記すことにします。「パードレ・ピオ」(イ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »