目を覚ますという種 待降節第1主日(マタイ24・37〜44)

「暗い、暗い、と言うよりも、すすんで明かりをつけましょう」という標語を聞いたことがあります。これは、ただ自分が今の辛い状態を嘆くのではなく、自発的に良い方向に変えて行こう、というような意味ではなかったかと思います。この「明かり」というのは、目に見える「明かり(光)」ということだけではなく、「希望の光」であったり、「愛の温もり」であったり、「真理へと向かう光」であったりするのかもしれません。きょうのミサの中で司祭は、集会祈願の中で「争いや対立が絶えないこの世界にあって、キリストの光を頼りに歩んで行くことができますように。」と唱えます。私たちは、このような「明かり(光)」に気がつくことができたらいいですね。

典礼はきょうから、新しい年「待降節」となり、主であるイエス様の誕生を待ち、準備いたします。そして、きょうのみことばは、主が来臨されるということをイエス様が人々に伝えている場面です。私たちは、「主の来臨(誕生)」をどのような気持で迎えるといいのでしょうか。きょうのみことばの前には、「その日、その時は、だれも知らない。天の使いたちも、子も知らない。ただ父だけが知っておられる」とあります。このことは、【来臨】がいつ来るのか分からない「先のこと」のように思えます。しかし、実際は、日々の積み重ねが【来臨】へと繋がって行っているように思えます。私たちは、日常の生活の中でしばしば神様のことを忘れて仕事をし、娯楽など、自分たちの生活を営んでいます。そのような中にあっても、私たちは、ミサに与るとき、朝夕の祈りの時間を持つとき、時には、苦しい状態から解放されるとき、神様のことを感じるというお恵みを頂くことができると言ってもいいでしょう。

みことばは、「来臨の時は、ちょうどノアの時と同様である。洪水の前、ノアが箱船に入るその日まで、人々は飲み食いし、娶(めと)り、嫁いでいた。」とあります。彼らは、ただただ、日常の普通の生活をしていたのです。しかし、彼らは滅ぼされました。彼らは、その時が来るまで「何も気がつくことがなかった」のでした。ここに、私たちの日常を振り返るヒントがあるように思えます。人々は、今の自分の生活だけに満足し、周りの様子を見ることができなかったのです。人々は、自分たちが受けているたくさんの神様からの【愛】に気がつくことも、周りに、その愛を必要としている人がいることも「気がつくこと」ができなかったのでした。私たちは、三位一体の神様の【愛】に気がつくことができる恵みを頂くことができますように祈ることができたらいいですね。

イエス様は、「2人の男が畑にいると、1人は連れていかれ、1人は残される。……だから目を覚ましていなさい」と言われます。救われるかそうでないか、というのは、老若男女は関係ないし、金持ちか貧しいかも関係ないようです。周りから見てもどこに違いがあるのか分からないのです。ただ、おん父は、そのことをご存知だったのです。パウロは、「主イエス・キリストを身にまといなさい」(ローマ14・14)や「生きているのは、もはやわたしではなく、キリストこそわたしのうちに生きておられるのです」(ガラテヤ2・20)と伝えています。おん父が救いへと選ばれるのは、私たちが【キリストと一体】となることではないでしょうか。このとは、私たちの努力や能力に左右されることではなく「お恵み」と言ってもいいでしょう。だからイエス様は、「目を覚ましていなさい」と言われるのではないでしょうか。

「目を覚ます」ということは、ただ単に起きて目を開いているということではないようです。イエス様は、弟子たちに「あなた方には天の国の秘義を悟る恵みが与えられている。……彼らは見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである」(マタイ13・11〜13)と言われています。ことわざに「心ここに在らざれば視れども見えず」という言葉があります。これは、心がそこに集中していないと、たとえ視界に入っていたとしても何も見ていないことと同じであるという意味のようです。イエス様が言われている「目を覚ましていなさい」という言葉は、いつその時が来てもいいように「用意している」こと、「心をそこに集中していること」ということではないでしょうか。主なる神様は、私たちに何を見させてくださっているのでしょうか。私たちは、イエス様の声に気がつくように、心を敏感にしていたいものです。

パウロは「もはや眠りから覚める時刻なのです。……夜は更け、日は近づきました。ですから、闇の業を捨て、光の武具を身につけましょう」(ローマ13・11〜12)と伝えています。私たちは、日々の生活の中で、目を覚まして、イエス様をお迎えすることができますように、イエス様がいつ来られてもいいように心をイエス様の方に心を向け、頂いた「いつくしみの愛」に感謝いながら、「用意」することができたらいいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 【懐かし写真館】今回の懐かし写真館は「前進」です。1955年から1957年の写真をご紹介いたします…
  2. 私たちは、禁止されればされるほど、やってみたいという誘惑に駆られるのではないでしょうか。大人は、様々…
  3. ある日の、差し迫った用事もなかった午後、小金井市にある病院に一人の司祭を見舞いに行こうと車で出かけま…
  4. とまにちわ!6月30日は「使徒パウロ」の祝日。パウロ家族固有の祝日です。今年も、若葉…
  5. 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。さて、誠に勝手ながら、サンパウロは以下の期間…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »