マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 -サイレンス-』(1月21日公開)

マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作を完全映画化した『沈黙-サイレンス-』。
戦後日本文学の金字塔が、アカデミー賞監督、マーティン・スコセッシの手で完全映画化!
アカデミー賞最有力の歴史大作がいよいよ公開されます。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧下の長崎。
師の棄教を確かめるため異国の地に足を踏み入れたポルトガル人宣教師ロドリゴ。
想像を絶する光景を前に、彼は自らの信念を貫くのか、それとも弾圧に苦しむ弱き民を助けるのか・・・。

人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描いた歴史大作です。

主演をアンドリュー・ガーフィールドが務めるほか、『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、そして日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシらが出演。

映画『沈黙ーサイレンスー』は、2017年1月21日(土)より全国にて公開。

※サンパウロ東京店でお得な前売券<ムビチケカード ¥1,400(税込) >絶賛発売中!(期間限定)

Photo Credit:Kerry Brown

<作品情報>
映画『沈黙-サイレンス-』
原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ、他
配給:KADOKAWA
公式サイト:http://chinmoku.jp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  2. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  3. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
  5. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 都会の中で夜の星を見るときと田舎で見る星とは、輝き方が違うという経験をされた方も多いかと思います。そ…
  2. 今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救い…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. ベルテロ神父の日本宣教出発前の日々ベルテロ神父は1906年(明治30年)アルバ近くのヴァ…
  5. 本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はそ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »