マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 -サイレンス-』(1月21日公開)

マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作を完全映画化した『沈黙-サイレンス-』。
戦後日本文学の金字塔が、アカデミー賞監督、マーティン・スコセッシの手で完全映画化!
アカデミー賞最有力の歴史大作がいよいよ公開されます。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧下の長崎。
師の棄教を確かめるため異国の地に足を踏み入れたポルトガル人宣教師ロドリゴ。
想像を絶する光景を前に、彼は自らの信念を貫くのか、それとも弾圧に苦しむ弱き民を助けるのか・・・。

人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描いた歴史大作です。

主演をアンドリュー・ガーフィールドが務めるほか、『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、そして日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシらが出演。

映画『沈黙ーサイレンスー』は、2017年1月21日(土)より全国にて公開。

※サンパウロ東京店でお得な前売券<ムビチケカード ¥1,400(税込) >絶賛発売中!(期間限定)

Photo Credit:Kerry Brown

<作品情報>
映画『沈黙-サイレンス-』
原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ、他
配給:KADOKAWA
公式サイト:http://chinmoku.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  2. 「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになった…
  3. 復活節も後半になり、来週は「主の昇天」をお祝いします。イエスが昇天するということは、弟子たちとの別れ…
  4. 矛盾を感じます。テモテには割礼を授けながら、その他のところでは割礼に反対しています。どうしてですか?…
  5. とまにちわ!パウロ家族合同で行われた年の黙想会。シスターの参加が圧倒的に多くって、当然周…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »