家庭の友 2017年1月号

いつの時代でも戦争や紛争が絶えることがありません。誰でも平和を願っていますが、その実現はなかなか難しいものです。2017年1月号の特集では、種々の視点で平和のために取り組んでいらっしゃる方々に執筆していただきました。最初に菊地功司教様(新潟教区)、二番目にシスター石川治子さん(聖心侍女修道会)、最後に和田誠神父様(カルメル修道会)。これらの記事を通して、平和の尊さについて考える機会になれば幸いです。
※1月号は2016年12月10日前後に発行予定です。

1%e6%9c%88%e5%8f%b7%e3%81%ae%e8%a1%a8%e7%b4%99

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. フランシスコ会聖書研究所の成果がこの1冊に凝縮。旧約・新約の全編を網羅。独自の原典批判(テキ…
  2. 長い受難の朗読ですが、今年は「ルカ福音書」が朗読されます。「ピラトの前に立つ」「ヘロデの尋問」「民衆…
  3. 私たちは、ときどき「でも○○」という言葉を使うことはないでしょうか。例えば、「あなたが言っていること…
  4. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全3回 午前10:…
  5. 聖ベネディクトは、修道生活の会則を記し、西方キリスト教世界における修道生活に決定的な影響を与えたこと…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »