初めと終わり 待降節第1主日(マタイ24・37〜44)

初めがあれば、終わりがあります。
 
教会の典礼では、今日から待降節に入り、典礼暦で言えば、まさに新年です。つまり典礼暦ではA年に入り、「マタイによる福音書」が中心に朗読されていきます。新しい年に入るので、希望に満ちたキリストの誕生を迎えるような内容になっているかあと想像します。つまり、キリストが誕生する前の「イエス・キリストの系図」(マタ1・1~17)、「ヨセフへのお告げ」(マタ1・18~25)、「ザカリアへのお告げ」(ルカ1・5~25)、「マリアへのお告げ」(ルカ1・26~38)などを考えますが、朗読内容は正反対の感じがします。「人の子の来臨」「目を覚ましていなさい」「あなた方も用意していなさい」など、世の終わりを連想させるようなことばが続きます。年の初めにしては、とても不思議な感じがするのではないでしょうか。

そこには、待降節の典礼に込められた内容が大きく反映しているかもしれません。『典礼暦年の一般原則』の中に、「待降節は二重の特質をもつ。それは、まず、神の子の第一の来臨を追憶する降誕の祭典のための準備期間であり、また同時に、その追憶を通して、終末におけるキリストの第二の来臨の待望へと心を向ける期間でもある。」この二つの理由から、まず第一にクリスマスに向けた降誕の祭典のための準備期間、第二に終末におけるキリストの第二の来臨の待望。

待降節を迎えた今、主の到来を待ち望むクリスマスの喜びを迎えるとともに、キリストの第二の来臨を待ち望みながら、「初めと終わり」の喜びをかみしめたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  2. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
  3. 聖パウロの御像は剣を持っていますが、なぜ剣を持っているのですか?長剣を持った像を見ると、わたした…
  4. 2017年7月24日~30日、パウロ家族による若者たちの司牧的集いがローマで開催されました。この集い…
  5. 2017年7月20日~30日、ブラジルのサンパウロで有期誓願者の集いが行われました。この集いには29…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年4月7日、師イエズス修道女会の総本部にてパウロ家族による総統治の養成担当者会議(第四回目)…
  2. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…
  3. 6月21日に祝われる聖人、アロイジオ・ゴンザガは、1568年に、ゴンザガ家の一つであるカスティリオー…
  4. フランシスコ会聖書研究所『聖書』からの『新約聖書』版。原文校訂(本文批判)による口語訳。本文…
  5. パウロはどんな復活祭を祝ったのでしょうか。知りたいです。パウロは「主の来臨」が近いことを確信して…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »