世の終わり 年間第33主日(ルカ21・5~19)

南沙諸島をめぐり、中国、ベトナム、フィリピンが領有権をめぐって争っています。日本のテレビや新聞でも報道されたりするので、その状況がよく分かります。これらの諸島は、ベトナムの近くにあるので、誰しもベトナムの領土と思いこみがちですが、解決の糸口が見つかりません。こうした領土問題はいつでもどこでも複雑です。そもそもベトナムは中国に約二千年間支配され、フランスには約百年間、日本には太平洋戦争の時に支配された歴史があり、長い間、独立を望んできました。ベトナム戦争終結から四十数年が経過しましたが、平和の尊さがよく分かります。

また東京都内とホーチミン市内を歩いた場合、風景がまったく違います。ホーチミン市内を歩いてみると、コーヒーショップや市場とともに、子供服を売っている店が目立ったりします。私は現在、タンソンニャット国際空港から車で十五分くらいの所にあるタンビン区に住んでいます。その建物の一階は子供服売り場となっています。近くにはタンビン市場もあり、大人の衣服とともに子どもの衣服の店もけっこう並んでいます。日本とは違い、それだけ子どもが多いということでしょう。確かに町の中を歩いていると、赤ちゃんを抱えた母親によく出会ったりします。その光景だけでも、子どもの多さに気付き、将来への希望も高まるなあと感じます。その点で高齢化が進んでいる東京都内とは、風景がまったく違います。

今日のみことばで、「戦争や反乱のことを聞いても、うろたえてはならない。まず、これらのことが起こらなければならない。しかし、すぐに終わりが来るわけではない」(ルカ21・9)と。違う国、違う世界に住んでみると、世の終わりが暗さや失望ではなく、希望や喜びに満ちたものを感じたりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  2. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…
  3. 2月16日(金)が旧正月ですが、ベトナムでは多くの方々がふるさとに帰っています。私も学生に便乗し…
  4. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  5. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…

ピックアップ記事

  1. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  2. 6月21日に祝われる聖人、アロイジオ・ゴンザガは、1568年に、ゴンザガ家の一つであるカスティリオー…
  3. 日本カトリック教会は、ローマ教皇の呼びかけや招きに応えるために、現代の必要性に応じて、さまざまな祈り…
  4. キリスト教の司祭職がどのように生まれたのか教えてください。現在の司祭職が確立するまでに、およそ千…
  5. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »