世の終わり 年間第33主日(ルカ21・5~19)

南沙諸島をめぐり、中国、ベトナム、フィリピンが領有権をめぐって争っています。日本のテレビや新聞でも報道されたりするので、その状況がよく分かります。これらの諸島は、ベトナムの近くにあるので、誰しもベトナムの領土と思いこみがちですが、解決の糸口が見つかりません。こうした領土問題はいつでもどこでも複雑です。そもそもベトナムは中国に約二千年間支配され、フランスには約百年間、日本には太平洋戦争の時に支配された歴史があり、長い間、独立を望んできました。ベトナム戦争終結から四十数年が経過しましたが、平和の尊さがよく分かります。

また東京都内とホーチミン市内を歩いた場合、風景がまったく違います。ホーチミン市内を歩いてみると、コーヒーショップや市場とともに、子供服を売っている店が目立ったりします。私は現在、タンソンニャット国際空港から車で十五分くらいの所にあるタンビン区に住んでいます。その建物の一階は子供服売り場となっています。近くにはタンビン市場もあり、大人の衣服とともに子どもの衣服の店もけっこう並んでいます。日本とは違い、それだけ子どもが多いということでしょう。確かに町の中を歩いていると、赤ちゃんを抱えた母親によく出会ったりします。その光景だけでも、子どもの多さに気付き、将来への希望も高まるなあと感じます。その点で高齢化が進んでいる東京都内とは、風景がまったく違います。

今日のみことばで、「戦争や反乱のことを聞いても、うろたえてはならない。まず、これらのことが起こらなければならない。しかし、すぐに終わりが来るわけではない」(ルカ21・9)と。違う国、違う世界に住んでみると、世の終わりが暗さや失望ではなく、希望や喜びに満ちたものを感じたりします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年4月28日~5月7日、コンゴのキンシャサで聖書と書籍のフェスティバルが開催され、この時のテ…
  2. 「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を担って、わたしに従いなさい」(ルカ9・2…
  3. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…
  4. ユダヤ教の過越祭とカトリック典礼の「聖なる過越の三日間」とは、どのような関連があるのでしょうか?…
  5. それぞれの聖人たちの祝日は、何をもとに何月何日と決められているのですか。また何の守護の聖人というのは…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »