【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
今回の懐かし写真館は「前進」です。1955年から1957年の写真をご紹介いたします!

「1955年、それまで準管区の資格であった日本の聖パウロ修道会は、正式に日本管区となりパガニーニ神父が初代管区長に任命された。
1956年、会はさらにチリオ神父を迎えた。同神父は短期間の東京での生活の後、福岡修道院に派遣された。神父は以前教区司祭であったが、聖パウロ修道会の精神と使徒職に感じて入会、当初から日本での宣教を志願していた。
同年7月、聖パウロ学園関係の会員、志願者を収容する学園会館の建築が開始された。この工事は地下1階地上2階延べ476坪のもので、翌年3月に完了した。
ボアノ神父は赤坂修道院の院長として多年会員の養成に当たっていたが、この年の10月18日、司祭叙階25周年の祝いを迎えた。会員、志願者たちは心から銀祝のこの日を祝い、同神父の健在と活躍とを祈った。
また、1957年3月12日に赤坂修道院も落成した。」(『聖パウロ会修道会来日50年のあゆみ』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖パトリック司教の記念日は3月17日。日本の教会の典礼暦では、長崎の信徒発見記念日と同じ日にあたりま…
  2. 今回取り上げる聖アウグスチヌス(カンタベリー)司教は、ヒッポの司教であった聖アウグスチヌスとは別の人…
  3. とまにちわ!修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。今年はどうしたことか、菊が…
  4. 私は、1週間ほどベトナムに行く機会をいただきました。それは、ベトナムにあるパウロ会の修道院の生活を体…
  5. 2016/5/20

    裏腹なこと
    今年の復活祭は、聖土曜日の徹夜祭を東京の四谷修道院で深夜に祝い、主の復活の主日のミサを神奈川県平塚市…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »