【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
今回の懐かし写真館は「前進」です。1955年から1957年の写真をご紹介いたします!

「1955年、それまで準管区の資格であった日本の聖パウロ修道会は、正式に日本管区となりパガニーニ神父が初代管区長に任命された。
1956年、会はさらにチリオ神父を迎えた。同神父は短期間の東京での生活の後、福岡修道院に派遣された。神父は以前教区司祭であったが、聖パウロ修道会の精神と使徒職に感じて入会、当初から日本での宣教を志願していた。
同年7月、聖パウロ学園関係の会員、志願者を収容する学園会館の建築が開始された。この工事は地下1階地上2階延べ476坪のもので、翌年3月に完了した。
ボアノ神父は赤坂修道院の院長として多年会員の養成に当たっていたが、この年の10月18日、司祭叙階25周年の祝いを迎えた。会員、志願者たちは心から銀祝のこの日を祝い、同神父の健在と活躍とを祈った。
また、1957年3月12日に赤坂修道院も落成した。」(『聖パウロ会修道会来日50年のあゆみ』より)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、聖堂や私たちの部屋や身近なところにある十字架のキリストを見て、この方が王とは感じないのでは…
  2. 人はだれでも心の奥底で「美しいものを信じて」生きていきたいと願ってはいないだろうか。…
  3. 先日、私たちの修道会の1人の司祭が肺がんのために、都内のホスピスで62歳の生涯を遂げました。彼の仮通…
  4. 2016/7/25

    聖ヤコブ使徒
    聖ヤコブ使徒の祝日は7月25日です。ヤコブは、ガリラヤ湖で漁師をしていたゼベダイの息子で、共観福音書…
  5. どうにも納得がいかない、というのを「腑に落ちない」と言います。ところが、納得できたときに「腑に落ちた…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »