葬儀における焼香について――キリスト教知恵袋

教会での葬儀、納骨式、命日祭などで、献花に代えて焼香することが見られます(司祭の献香ではなく)。焼香用の香について規定がありますか。また、典礼とは別に、納骨堂や墓前では、仏教で使う線香、香道用の香、花などの香りがする香など、市販されている香を使用してもよいのでしょうか?

ご質問に答える前に歴史的観点から、典礼で使われる香の意味について少し触れましょう。

日本文化に定着している焼香は、歴史的変遷を経て意味とその方法が変化しつつも現代に伝えられているように、教会葬で用いられる香についても同じことが言えます。典礼で香が使われるようになったのは、4世紀頃の東方教会においてですが、それ以前はむしろ異教的表徴として避けました。ローマ教会は7〜8世紀頃になると、教皇への表敬と福音への崇敬から香をたくようになり、9世紀になるとミサでも使われるようになりました。また早い時期から葬儀においても用いたようです。それは洗礼によって聖霊の神殿とされた故人の遺体に対する尊敬とキリストに結ばれた兄弟的絆は、死によっても断ち切られないことを表すためでした。

このように敬神や人や物に対する祝福・表敬として本来は使われていたのですが、中世後期になると香による清めとしての概念が入り、特に葬儀においては死者の罪の清めと悪霊からの解放のために使われるようになりました。しかし、この考え方はヴァチカン公会議以降の典礼刷新により改められ、本来の意味で死者に対する表敬として香を使うようになりました。ここに司式者の棺に対する献香と墓前での会衆の焼香(日本教会に固有な文化的受容のひとつ)の意味があります。従って、焼香に代える献花も同じ意味で行います。

ところでご質問の件にお答えしましょう。葬儀に用いる香について特別な規定はありません。教会には固有なものもありますが、外国から輸入するまでもなく、最近では福音香なる日本製の香が多く使われているようです。葬儀が教会で行われる場合は、教会あるいは葬儀社の用意したもので焼香すればよいのですが、個人的に墓前で祈るときなどは、線香や香道用のものでも差し支えありません。大切なことはたかれる香の材質や形にあるのではなく、その行為が何に向けられているかです。ちなみに焼香の方法ですが回数にこだわる必要はなく、香を摘んだ右手に左手を添え、眼前で少し念じてから焼香します。一回の行為に故人への深い表敬を込めるならそれで十分でしょう。

●回答者=南雲正晴神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって「苦しみ」や「痛み」とは、どのようなものなのでしょうか。きょう私たちは、「主の受難」を…
  2. 2017年7月24日~30日、パウロ家族による若者たちの司牧的集いがローマで開催されました。この集い…
  3. 先日、私たちの修道会の1人の司祭が肺がんのために、都内のホスピスで62歳の生涯を遂げました。彼の仮通…
  4. 同病相あわれむというか、ヤコブは病身の同級生アゴスチノ・ボレロ(Agostino Borello)と…
  5. アルベリオーネ神父は、神学校の教授、学生の霊的指導、信者の司牧だけに終わる人物ではなかった。神のみこ…
PAGE TOP
Translate »