【社会の中にある福音を取り込むというアプローチ】

【社会の中にある福音を取り込むというアプローチ】
サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>からオススメする本は、『福音み~つけた! 中学編』『福音み~つけた! 高校編』(燦葉出版社)です♪

『福音み~つけた! 高校編』は、カトリック校を中心とするキリスト教系の高等学校での「宗教」「倫理」「聖書」などの授業で、生徒のみなさんの座右に置いていただくための副読本です。
ページをめくっていただくとすぐ感じると思いますが、この本は「宗教」「倫理」「聖書」といった授業名から連想されるイメージとはずいぶんとかけ離れた内容です。聖書について直接解説した項目はほとんどなく、それどころか「キリスト教臭さ」さえもほとんど感じさせないような項目が並んでいます。しかしながら、この本に収められている項目の大部分は、カトリック校を中心とするキリスト教系の中学校で、長年「宗教」や「倫理」などを担当されてきた先生方が実際に授業で使ってこられた資料なのです。一見、キリスト教らしくない素材からキリスト教のもっとも本質的なところ―「福音」―にまではいいてゆくためのさまざまなアプローチや切り口が満載の本であるといえます。
(まえがきより)

「福音み〜つけた! 中学編」600円(税込み648円)
「福音み〜つけた! 高校編」800円(税込み864円)
編集:日本カトリック教育学会
発行:燦葉出版社

★サンパウロ東京店 キリスト教書籍フロアー
東京都新宿区四谷1-2 1F・2F
電話:03-3357-8642(書籍)
営業時間:月曜〜土曜10:00〜18:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今日のみことばでイエスは「新しい掟をあなた方に与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛した…
  2. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  3. カトリックの葬儀ミサ・告別式は、家庭でできないのでしょうか?キリスト教徒にとっての葬儀、その構造…
  4. キリストに捕らえられたパウロは、命をかけてキリストを証ししようと、キリストを見つめていきました。わた…
  5. 今回取り上げる聖アウグスチヌス(カンタベリー)司教は、ヒッポの司教であった聖アウグスチヌスとは別の人…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »