修道院にある灯籠

とまにちわ!

修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。
今年はどうしたことか、菊が生けられた花瓶が同時にいくつも並べられた意欲作!?

dsc_0659

菊は修道院で育てているので、きっと大々的にアピールしたかったのかも。
おかげで、祭壇の周りが、みやびな感じになりました!?
せっかくなので、菊のいいところもたくさん見つけたら素敵ですよね!

そんなある日、「修道院の庭にある灯籠を『家庭の友』に載せたらいいよ!」
と、食事の席で、いきなり声をかけられました。

dsc_0641

そういえば、小庭にあるマリア像をピックアップすることがあっても、灯籠はスルーすることが多かったかも。

というか、連載記事のアイディアを出していただいてありがたい気持ち!

「どうしてここに?」
「この灯籠は、何か特別な意味があるの?」

早速、聞いてみたところ、、、

「旧若葉修道院にあったものを持って来た。」
「重かったから運ぶのが大変だった。」
「いつからあったのか、分からない。」
「特別な意味があるのかどうか、分からない。」

dsc_0644

そもそも、買ったものなのか、もらったものなのか、
いつからあるものなのか、
何か特別な由来がある灯籠なのか、よく分からず!

最終的には、、、

「火をともしたらいいよね〜。」

って、それは質問の答えになってないじゃない!?
なぜだか、あまずっぱーい気持ちになってきました。

dsc_0645

ちなみに、ちょっと調べてみたら、
灯籠には種類と部位名があるってことが分かりました。
今まで全然知らなかった!

この灯籠は「雪見型」という種類で、上から順番に、「宝珠」「笠」「火袋」「中台」「足」になるみたいです(たぶん)。

dsc_0640b

さあ、「灯籠の中を通ろう!」
最後はダジャレでおゆるしください(苦笑)。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 人はだれでも心の奥底で「美しいものを信じて」生きていきたいと願ってはいないだろうか。…
  2. 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名・高山右近(1552〜1615年)をキリスト教カトリックの「福…
  3. 【話題のあの本、先行販売しています♪】サンパウロの新刊書『教会の聖人たち 全面改訂版(上巻)』、『…
  4. 外国に行って、ミサに与る時たとえ言葉は分からなくても、いま、第1朗読を読んでいる、福音書が朗読されて…
  5. 2017/6/23

    聖母のみ心
    聖母のみ心の記念日は、1944年、第二次世界大戦が終わりへと向かう中、教皇ピオ12世が制定しました。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »