修道院にある灯籠

とまにちわ!

修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。
今年はどうしたことか、菊が生けられた花瓶が同時にいくつも並べられた意欲作!?

dsc_0659

菊は修道院で育てているので、きっと大々的にアピールしたかったのかも。
おかげで、祭壇の周りが、みやびな感じになりました!?
せっかくなので、菊のいいところもたくさん見つけたら素敵ですよね!

そんなある日、「修道院の庭にある灯籠を『家庭の友』に載せたらいいよ!」
と、食事の席で、いきなり声をかけられました。

dsc_0641

そういえば、小庭にあるマリア像をピックアップすることがあっても、灯籠はスルーすることが多かったかも。

というか、連載記事のアイディアを出していただいてありがたい気持ち!

「どうしてここに?」
「この灯籠は、何か特別な意味があるの?」

早速、聞いてみたところ、、、

「旧若葉修道院にあったものを持って来た。」
「重かったから運ぶのが大変だった。」
「いつからあったのか、分からない。」
「特別な意味があるのかどうか、分からない。」

dsc_0644

そもそも、買ったものなのか、もらったものなのか、
いつからあるものなのか、
何か特別な由来がある灯籠なのか、よく分からず!

最終的には、、、

「火をともしたらいいよね〜。」

って、それは質問の答えになってないじゃない!?
なぜだか、あまずっぱーい気持ちになってきました。

dsc_0645

ちなみに、ちょっと調べてみたら、
灯籠には種類と部位名があるってことが分かりました。
今まで全然知らなかった!

この灯籠は「雪見型」という種類で、上から順番に、「宝珠」「笠」「火袋」「中台」「足」になるみたいです(たぶん)。

dsc_0640b

さあ、「灯籠の中を通ろう!」
最後はダジャレでおゆるしください(苦笑)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  2. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  3. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  4. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  5. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…

ピックアップ記事

  1. 2017/4/15

    主の復活
    復活祭が来ます。私たちの信仰にとっていちばん大切な祭日です。この大切な復活祭、今年は皆さんにどんな恵…
  2. 教会の聖堂正面にある十字架像や復活像の変遷について教えてください。十字架刑はローマ帝国の処刑法の…
  3. 「どうして神父になりたいと思ったのですか」今まで何十回こんな質問を受けたか分からない。冗談ま…
  4. 私たちは、朝、目覚めた時に、洗顔やシャワーをして「今日も一日頑張ろう」という気持になるのではないでし…
  5. 11月11日は、聖マルチノ司教の記念日です。聖マルチノは、317年頃に生まれました。マルチノは、軍人…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »