修道院にある灯籠

とまにちわ!

修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。
今年はどうしたことか、菊が生けられた花瓶が同時にいくつも並べられた意欲作!?

dsc_0659

菊は修道院で育てているので、きっと大々的にアピールしたかったのかも。
おかげで、祭壇の周りが、みやびな感じになりました!?
せっかくなので、菊のいいところもたくさん見つけたら素敵ですよね!

そんなある日、「修道院の庭にある灯籠を『家庭の友』に載せたらいいよ!」
と、食事の席で、いきなり声をかけられました。

dsc_0641

そういえば、小庭にあるマリア像をピックアップすることがあっても、灯籠はスルーすることが多かったかも。

というか、連載記事のアイディアを出していただいてありがたい気持ち!

「どうしてここに?」
「この灯籠は、何か特別な意味があるの?」

早速、聞いてみたところ、、、

「旧若葉修道院にあったものを持って来た。」
「重かったから運ぶのが大変だった。」
「いつからあったのか、分からない。」
「特別な意味があるのかどうか、分からない。」

dsc_0644

そもそも、買ったものなのか、もらったものなのか、
いつからあるものなのか、
何か特別な由来がある灯籠なのか、よく分からず!

最終的には、、、

「火をともしたらいいよね〜。」

って、それは質問の答えになってないじゃない!?
なぜだか、あまずっぱーい気持ちになってきました。

dsc_0645

ちなみに、ちょっと調べてみたら、
灯籠には種類と部位名があるってことが分かりました。
今まで全然知らなかった!

この灯籠は「雪見型」という種類で、上から順番に、「宝珠」「笠」「火袋」「中台」「足」になるみたいです(たぶん)。

dsc_0640b

さあ、「灯籠の中を通ろう!」
最後はダジャレでおゆるしください(苦笑)。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 教会のステンドグラスの美しさに、いつも見とれております。いつごろから、なんのために教会で使われるよう…
  2. 【2016年度 サンパウロ夏期休業日のお知らせ】平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます…
  3. マザー・テレサは、「愛の反対は、憎しみではなく無関心です。」と言われました。私たちは、人を憎んだり、…
  4. 聖パウロはすごい聖人だと思いますが、「女たちは教会では黙っていなさい」などの女性蔑視の言葉には、とて…
  5. 私は3年ほど前、「私たちは宣教するために来ました」の精神で、日本の聖パウロ修道会にやってきました。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »