修道院にある灯籠

とまにちわ!

修道院の聖堂に、菊の花が飾られる季節になりました。
今年はどうしたことか、菊が生けられた花瓶が同時にいくつも並べられた意欲作!?

dsc_0659

菊は修道院で育てているので、きっと大々的にアピールしたかったのかも。
おかげで、祭壇の周りが、みやびな感じになりました!?
せっかくなので、菊のいいところもたくさん見つけたら素敵ですよね!

そんなある日、「修道院の庭にある灯籠を『家庭の友』に載せたらいいよ!」
と、食事の席で、いきなり声をかけられました。

dsc_0641

そういえば、小庭にあるマリア像をピックアップすることがあっても、灯籠はスルーすることが多かったかも。

というか、連載記事のアイディアを出していただいてありがたい気持ち!

「どうしてここに?」
「この灯籠は、何か特別な意味があるの?」

早速、聞いてみたところ、、、

「旧若葉修道院にあったものを持って来た。」
「重かったから運ぶのが大変だった。」
「いつからあったのか、分からない。」
「特別な意味があるのかどうか、分からない。」

dsc_0644

そもそも、買ったものなのか、もらったものなのか、
いつからあるものなのか、
何か特別な由来がある灯籠なのか、よく分からず!

最終的には、、、

「火をともしたらいいよね〜。」

って、それは質問の答えになってないじゃない!?
なぜだか、あまずっぱーい気持ちになってきました。

dsc_0645

ちなみに、ちょっと調べてみたら、
灯籠には種類と部位名があるってことが分かりました。
今まで全然知らなかった!

この灯籠は「雪見型」という種類で、上から順番に、「宝珠」「笠」「火袋」「中台」「足」になるみたいです(たぶん)。

dsc_0640b

さあ、「灯籠の中を通ろう!」
最後はダジャレでおゆるしください(苦笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  2. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
  3. 聖パウロの御像は剣を持っていますが、なぜ剣を持っているのですか?長剣を持った像を見ると、わたした…
  4. 2017年7月24日~30日、パウロ家族による若者たちの司牧的集いがローマで開催されました。この集い…
  5. 2017年7月20日~30日、ブラジルのサンパウロで有期誓願者の集いが行われました。この集いには29…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 待降節は主の到来を待つ期間です。主イエスの到来が間近に迫っているので、その喜びに満たされながら待ち望…
  2. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…
  3. 突然ですが、私たちは自分に与えられた仕事に対して、頼まれたことに対して【感謝】しているでしょうか。も…
  4. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
  5. 2016/9/1

    夏の思い出
    父が帰天したのは1988年8月7日で、つい最近その命日を迎えたが、あれからもう28年の歳月が流れた。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »