【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
今回の懐かし写真館は「初期の志願者」です。1946年の写真と共にご紹介いたします!

「聖パウロ修道会の主力は教会およびその事業に注がれざるをえなかったが、神父たちは、邦人会員の養成に心を用いなかったわけではなかった。
しかし、信者数の少ない東京では志願者を見出すことは容易ではないし、遠隔の地の人々は、わずかに発行された書物を通じてのほか、聖パウロ修道会の存在を知るはずがなかった。
それでも、神父たちの来日以来、10数名の青少年が会に出入りしたが、1943年頃にはわずか4名の神学生しかいなかった。その中の1人はすでに軍隊に入っていた台湾出身の星村神学生で、すでに1939年12月のクリスマスに着衣を許されていた。他の3名は東京出身の桑島、札幌出身の萱場、宮城県出身の細渕の3名の神学生であった。桑島、萱場の2名は、関口の中神学校においてロス司教のもとでラテン語の勉強を始めていたが、当時の校長は後の荒井司教であった。細渕神学生はやがて胸を患って入院、その若い生命を聖パウロ修道会のために捧げて帰天したが、死去に先だって私的誓願を許された。1943年12月には桑島神学生が、1944年12月には萱場神学生が入隊し、会は全部の志願者を送り出してしまった。
この頃、修道志願者ではなかったが、ただ1人聖パウロ修道会に留まり、勉学と作業とに励み、戦後にいたるまで神父たちと労苦をともにしたのが、長年にわたり中央出版社に勤務した安藤富士男氏である。」(『聖パウロ会修道会来日50年のあゆみ』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
  2. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  3. 【ほのかな香りが、安らぎのひとときを生み出します♪】サンパウロ東京店キリスト教用品フロアーより、シ…
  4. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  5. インターネット通販<パウルスショップ>の【諸聖人・死者の日特集】は、もうチェックしましたか?カト…
PAGE TOP
Translate »