【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
今回の懐かし写真館は「初期の志願者」です。1946年の写真と共にご紹介いたします!

「聖パウロ修道会の主力は教会およびその事業に注がれざるをえなかったが、神父たちは、邦人会員の養成に心を用いなかったわけではなかった。
しかし、信者数の少ない東京では志願者を見出すことは容易ではないし、遠隔の地の人々は、わずかに発行された書物を通じてのほか、聖パウロ修道会の存在を知るはずがなかった。
それでも、神父たちの来日以来、10数名の青少年が会に出入りしたが、1943年頃にはわずか4名の神学生しかいなかった。その中の1人はすでに軍隊に入っていた台湾出身の星村神学生で、すでに1939年12月のクリスマスに着衣を許されていた。他の3名は東京出身の桑島、札幌出身の萱場、宮城県出身の細渕の3名の神学生であった。桑島、萱場の2名は、関口の中神学校においてロス司教のもとでラテン語の勉強を始めていたが、当時の校長は後の荒井司教であった。細渕神学生はやがて胸を患って入院、その若い生命を聖パウロ修道会のために捧げて帰天したが、死去に先だって私的誓願を許された。1943年12月には桑島神学生が、1944年12月には萱場神学生が入隊し、会は全部の志願者を送り出してしまった。
この頃、修道志願者ではなかったが、ただ1人聖パウロ修道会に留まり、勉学と作業とに励み、戦後にいたるまで神父たちと労苦をともにしたのが、長年にわたり中央出版社に勤務した安藤富士男氏である。」(『聖パウロ会修道会来日50年のあゆみ』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  2. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  3. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
  4. この時期、町にはクリスマス・イルミネーションが飾られ、百貨店ではクリスマス商戦が始まり、テレビやラジ…
  5. 井手口満修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 子供の…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 私たちは、1日の中で何回「ありがとう」という言葉を口にしているでしょうか。相手から受けた厚意に対して…
  2. 今年もいよいよ典礼暦の中心、聖なる過越の三日間を迎えます。聖なる過越の三日間とは、聖木曜日の主の晩さ…
  3. 2017年4月25日~27日、フランスのアルパジョンにてフランス・カナダ地区集会が開催され、総長のヴ…
  4. 【見逃せない!手作りエッグオーナメントは世界にひとつだけ♪】オーストリア・ピータープリース手工芸社…
  5. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »