ろうそくの本数について――キリスト教知恵袋

ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決まりみたいなものがあるのでしょうか?

カトリック教会では、ミサが秩序正しく適切に行われるよう、ミサ典礼書に従ってその祭儀が行われることになっています。このミサ典礼書のはじめの部分に、ミサを行う際の種々の決まりをまとめた総則が掲載されています。一九六九年四月三日に公布された現行のミサ典礼書の総則(79)に、ろうそくの本数について、次のような決まりが見られます。「祭壇上もしくは祭壇の近くに、少なくとも二本、あるいは四本もしくは六本、またはその教区の司教が司式をする場合には七本、火をともしたろうそくを立てるものとする。」

ミサの際に祭壇上あるいはその近くに置かれているろうそくの本数が、教会によって異なる場合があるのは、二、四、六という偶数の本数、そしてその教区の司教が司式をする場合には七本のろうそくを用いることができるという多様性を認めた、上記のミサ典礼書の総則に基づくものです。最も多い七本というろうそくの本数は、ヨハネの黙示録1章13節に基づいていると言われています。「わたしは、語りかける声の主を見ようとして振り向いた。振り向くと、七つの金の燭台が見え、燭台の中央には、人の子のような方」(=キリスト)がおられたと、ヨハネは神から示された光景を書き記しています。そのため、キリストの代理者として最高の恵みと権限を委ねられている、その教区の司教が司式をする場合には七本、それ以外のときには、より少ない数で二、四、六という偶数の本数が規定されています。これら(二、四、六)の数には、何か特別な意味が込められているというわけでなく、左右のバランスのためであると思われます。

典礼が行われるための場所は、修道院などの小さな聖堂や小教区の教会堂、また司教を中心として教区の司祭、助祭、大勢の信徒が集うことがある司教座聖堂(カテドラル)であったりして、その広さには多様性があり、またそこに設置される祭壇の大きさも異なってきます。そのためミサ典礼書の総則は、それぞれの教会堂(聖堂)の広さや祭壇の大きさに応じて適応できるよう、祭壇上あるいはその近くに置かれるろうそくの本数に幅を持たせているのです。

●回答者=白浜満神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 聖書の中には、たくさんの回心の場面が登場します。その中でも「ルカによる福音書」を振り返ってみると、レ…
  2. 今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「…
  3. 2017/3/18

    CTIAの会議
    2017年2月27日~3月2日、ローマでCTIAのメンバーによる会合が行われました。…
  4. 聖書、典礼、教会の伝統に根ざした新しい祈り。各自で、家庭で、集会で、教会で使用できる祈り…
  5. 10月7日はロザリオの聖母の記念日です。ロザリオの祈りがどのように生まれたのかは明確ではありません。…
PAGE TOP
Translate »