ろうそくの本数について

ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決まりみたいなものがあるのでしょうか?

カトリック教会では、ミサが秩序正しく適切に行われるよう、ミサ典礼書に従ってその祭儀が行われることになっています。このミサ典礼書のはじめの部分に、ミサを行う際の種々の決まりをまとめた総則が掲載されています。一九六九年四月三日に公布された現行のミサ典礼書の総則(79)に、ろうそくの本数について、次のような決まりが見られます。「祭壇上もしくは祭壇の近くに、少なくとも二本、あるいは四本もしくは六本、またはその教区の司教が司式をする場合には七本、火をともしたろうそくを立てるものとする。」

ミサの際に祭壇上あるいはその近くに置かれているろうそくの本数が、教会によって異なる場合があるのは、二、四、六という偶数の本数、そしてその教区の司教が司式をする場合には七本のろうそくを用いることができるという多様性を認めた、上記のミサ典礼書の総則に基づくものです。最も多い七本というろうそくの本数は、ヨハネの黙示録1章13節に基づいていると言われています。「わたしは、語りかける声の主を見ようとして振り向いた。振り向くと、七つの金の燭台が見え、燭台の中央には、人の子のような方」(=キリスト)がおられたと、ヨハネは神から示された光景を書き記しています。そのため、キリストの代理者として最高の恵みと権限を委ねられている、その教区の司教が司式をする場合には七本、それ以外のときには、より少ない数で二、四、六という偶数の本数が規定されています。これら(二、四、六)の数には、何か特別な意味が込められているというわけでなく、左右のバランスのためであると思われます。

典礼が行われるための場所は、修道院などの小さな聖堂や小教区の教会堂、また司教を中心として教区の司祭、助祭、大勢の信徒が集うことがある司教座聖堂(カテドラル)であったりして、その広さには多様性があり、またそこに設置される祭壇の大きさも異なってきます。そのためミサ典礼書の総則は、それぞれの教会堂(聖堂)の広さや祭壇の大きさに応じて適応できるよう、祭壇上あるいはその近くに置かれるろうそくの本数に幅を持たせているのです。

●回答者=白浜満神父

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  2. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  3. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  4. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

ピックアップ記事

  1. 2017年3月25日、スペインのビルバオの新しい書店が開設されました。開設にあたり、ラザロ・ガルシア…
  2. 聖スコラスチカの記念日は2月10日です。スコラスチカは、聖ベネディクトの妹として有名です。ベネディク…
  3. 私たちは、【光】をどのように感じているのでしょうか。朝、太陽が昇るとその光を感じることができます。暗…
  4. いただいた、恵みに気づく マインドフルネスを用いて・・・日時:2017年6月25日(日)9:30…
  5. サラゴサ教区の助祭ビンセンチオの生涯について、詳しいことは分かっていませんが、ローマ皇帝ディオクレチ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »