バジリカ、カテドラル、ドームの違いは?

海外旅行をするとバジリカ、カテドラル、ドームという言葉を耳にしますが、どのような違いがあるのでしょうか?

バジリカは古代ローマの建築様式の名称です。長方形の大広間の両側に十数本の柱の構造を持ち、裁判所や商業取引場などに使用されました。四世紀、キリスト教が公認されると、こうした建築様式の建物が教会として使われるようになりました。大勢の集会と宗教的な礼拝には格好の空間です。ローマの古代教会建築にバジリカ様式が多いのはこのためです。

カテドラルとは、「司教座」(カテドラ)のある教会という意味で、各地の司教座聖堂を指します。ドゥオーモ(英語のドーム)は、カテドラルのイタリア語読みです。イタリア各都市には立派なドゥオーモがあり、ミラノのドゥオーモやフィレンツェの花のドゥオーモなどは間違いなく司教座聖堂です。ミラノのカテドラルという言い方もありますが、やはりイタリア人はイタリア語で呼ぶ習慣を好みます。イタリア以外ではわざわざイタリア語を使う必要がありませんから、司教座のことをドゥオーモと呼ぶ習慣ができないだけです(ひょっとしたら、世界のどこかでその地の司教座聖堂をドゥオーモと呼んでいるかもしれませんが、実例を知りません)。

ところで、問題はカトリックの中心地、教皇のお膝元のローマです。教皇はローマ司教ですから、その司教座のあるサン・ピエトロ大聖堂はローマ・カテドラルかローマ・ドゥオーモと呼んでもよさそうですが、そうは呼びません。その理由は、ローマには司教座に匹敵するような、古代ローマ時代に建てられた聖母マリアや使徒たちを記念する由緒ある大聖堂が七つあるからです。サン・ジョバンニ・ラテラーノ、サンタ・マリア・マジョーレなどです。これらの中でサン・ピエトロだけを司教座と呼ぶには他の教会が立派すぎますので、これらの教会が共通して備え持つ建築様式バジリカが一般呼称として通用しています。先に挙げたミラノのドゥオーモをミラノのバジリカと呼ばないのは、特にバジリカという言葉に登場願わなくてもミラノは混乱しないからでしょう。

したがって、次のような原則を頭に入れておくといいかもしれません。全世界の司教座聖堂は例外なく、カテドラルと呼んでかまいません。イタリアの司教座聖堂は、カテドラルのイタリア語読みのドゥオーモを。そしてローマでは、司教座のサン・ピエトロを含めて七つの大聖堂に尊敬を払い、バジリカと呼ぶことに決めておく。この原則で、ほぼ例外なく区別できます。

●回答者=川村信三神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. カトリック教会の御聖体は種なしパンですが、正教会の御聖体はふかふかパンだと聞きました。ほんとうですか…
  2. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…
  3. 2017年7月4日、ブジラルのサンパウロで管区長のルイス・ミゲル・ドゥラテ神父の指導のもと、継続養成…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 2016/12/22

    主の誕生
    今年もクリスマスがやって来ました。私たちのために神の子が人となられたこと、救い主が生まれたことを教会…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »