典礼祭儀に用いられるろうそくについて

教会の典礼ではろうそくが必ず灯されます。その歴史的背景や本数などについて教えてください。

一般的に古い時代から、ろうそくは夜の闇や暗い場所において生活を営むために必要なあかり(照明)として用いられてきました。最近では電気照明がほとんどで、実用的な理由でろうそくを灯すことは少なくなっていますが、他方では象徴的な意味から宗教的な祭儀にも採り入れられてきました。そして今日では、ろうそくと言えばむしろ象徴的な理由において、宗教的な祭儀のために用いられることが多くなってきています。

ヒエロニムスによると、キリストは「世に来てすべての人を照らす」(ヨハネ1・9)まことの光であるというシンボルから、東方の教会において4世紀には、福音朗読のときに、ろうそくが灯されていました。また、ほぼ同時代にローマの教会において、福音朗読者が聖書を奉持して朗読台に向かうとき、二人のろうそく持ちが先導する習慣も見られたことが指摘されています。さらに、ろうそくは、祭壇の前後、両脇にも灯されるようになりましたが、祭壇の上にろうそくが灯されるようになったのは、11〜12世紀以降のことと言われています。それは、祭壇の上で聖なることが行われていることを示すため、また祝いの喜びを表わすためです。

教皇ピオ5世のミサ典礼書(1570年)では、祝祭の荘厳さに応じて、祭壇の上に、2・4・6という偶数の本数のろうそく(教区司教が司式するときには7本)という数が規定されました。

現行のミサ典礼書の総則(1969年)においても、「祭壇上もしくは祭壇の近くに、少なくとも2本、あるいは4本もしくは6本、またその教区の司教が司式するときには7本、火をともしたろうそくを立てるものとする」(79)という法規が維持されています。

けれども、これらのろうそくの使用に関する法規は、教会の伝統的慣習に基づくローマ典礼の標準形を示すためのもので、典礼(秘跡)の有効性に関わるものではありません。ろうそくが1本しかない場合、また野外ミサなどでろうそくが消えたりしたとしても、心配する必要はありません。ただし、このような典礼(秘跡)の有効性に関わらない補助的な法規であっても、典礼的意味が込められた一つの信仰の表現ですから、できる限り遵守していく心構えを持つことは大切なことです。

●回答者=白浜満司教

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 故ユスチノ戸村修神父の葬儀に際しましてはご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重…
  2. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  3. 東京教区内のある小教区に、ほぼ女性ばかりの祈りの集いがあります。あるとき私はその集いの責任者から、集…
  4. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…
  5. 「主の降誕」まで残すところあと数日というところで、今年の締めくくりの原稿を書いています。最近…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »