イエスに従う 年間第13主日(ルカ9・51~62)

今日の福音は、第一朗読(列上19章16b、19~21)と比較しながら味わうと興味深いものです。

第一朗読ではエリシャの召命が語られます。そこではエリアがエリシャに外套を投げかけ、預言者としての使命を与えます。エリシャは牛を捨て、エリアの後に従いますが、「わたしの父、わたしの母に別れの接吻をさせてください。それからあなたに従います」(列上19・20)と語ると、エリアはそれを許し、その後でエリアに従っていきます。確かに、牛を捨てていくことは、生活のすべてを捨てていくことと同じですが、両親への別れの挨拶を行っていく時間は、エリアから与えられました。

それに対して、福音のほうはどうでしょうか。「イエスはほかの人に、『わたしに従いなさい』と仰せになった。すると、その人は、『まず、わたしの父を葬りに行かせてください』と言った。そこで、イエスは仰せになった、『死者は死者に葬らせなさい。あなたは行って、神の国を宣べ伝えなさい』」(ルカ9・59~60)と。さらには「イエスは仰せになった、『鋤に手をかけてから、後ろを振り返る者は、神の国にふさわしくない』」(ルカ9・62)とも語ります。旧約聖書の内容からすると、とても厳しい内容になっています。

なぜイエスはこのように厳しく語るのでしょうか。イエス自身、自分の故郷では見捨てられてしまったり、サマリアでは、村人たちがイエスを歓迎せず、とても冷たい対応に遭遇しました。「人の子には枕する所もない」(ルカ9・58)と語るほどに貧しさの極みの中で生きていったのも確かです。イエスの足跡に従いたいと決意する者には、これほどの厳しい条件を求めるのかもしれません。同時に、キリストに従うためには、家族、家、財産を捨てるほどの覚悟が求められるのでしょう。人生の中で、イエスに従うためには、何が大切なのかを私たちに問いかけてくれるような気がします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・ボスコ司祭の記念日は1月31日です。ヨハネ・ボスコは、1815年8月に北イタリアのカステル…
  2. 2017年4月25日~27日、フランスのアルパジョンにてフランス・カナダ地区集会が開催され、総長のヴ…
  3. 【日本初!ヴァチカン美術館公認の大型図録集&映像セット】歴史的芸術家たちの作品を、自宅で体験するこ…
  4. 私たちは、1日の中でまた、1週間、1ヶ月、1年と、何回イエス様に祈り(お願い)をしているでしょうか。…
  5. 半農半漁を営む小さな町に生まれ、兄が4人、姉が1人の6人兄弟姉妹の末っ子。両親ともカトリック信者で、…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »