感謝するサマリア人 年間第28主日(ルカ17・11~19)

ベトナム語の語学学校に通う時、いつもバスを使っていますが、そのバス停まで7~8分ほどかかります。通常、6時50分くらいに共同体(修道院)を出発します。日本からするととても早く感じますが、こちらの小学校は7時くらいに学校が始まっているのを考えると、むしろ遅いほうかもしれません。バス停までの途中、二つの病院があり、かなりの人々が並んでいます。その点では都内の病院と似ているかもしれません。目や耳の不自由な人、足の不自由な人など、いろいろな人が並んでいます。誰もが早く処置してほしいという表情があり、その点では全世界どこでも共通でしょう。

さて今日の福音の中で、重い皮膚病を患った人が癒やされていきます。その当時、重い皮膚病を持っている人は、死を待つしかないほど重く、多くの人々から差別されるような病気でした。その病気が治るというのは、とても大きな喜びです。事実、十人の病人がイエスによってその病気が癒やされていきます。当然のことながら、大きな喜びを感じる時でした。ところが、感謝したのは、サマリア人だけです。ユダヤ人とサマリア人とは昔から敵対関係にあり、仲が悪いものでした。敵対関係にあったサマリア人がイエスの癒やしによって感謝していきます。

病気が重ければ重いほど、感謝の気持ちは出てくるものです。他の九人はユダヤ人と思われますが、感謝の気持ちがありませんでした。気持ちを持っていたかもしれませんが、具体的に表すことがありませんでした。

私たちも種々の面で多くの恵みを受けています。「当然のこと」と思って感謝の気持ちを表さないでいるかもしれません。その点で、今日のみことばは、ふだんから私たちがどんな感謝の気持ちを持っているかを問いかけてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  2. 半農半漁を営む小さな町に生まれ、兄が4人、姉が1人の6人兄弟姉妹の末っ子。両親ともカトリック信者で、…
  3. 2017年4月8日、ブラジルのサンパウロにあるFAPCOM(パウルス・テクノロジーとコミュニケーショ…
  4. 子どもたちが毎日、神の愛について理解するのを助ける聖書の話、祈り、そして約束。本書は、子どもたち…
  5. シエナの聖ベルナルディノの記念日は5月20日です。ベルナルディノは1380年9月8日にイタリアのマッ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »