聖歌や賛歌の認可について

典礼の「聖歌」や「賛歌」を歌う場合、中央協議会や司教座が認可していない一般的なフォークソングや歌謡曲を用いてもよいでしょうか?

中央協議会や教区司教が認可していない一般的なフォークソングや歌謡曲を典礼で用いることはできません。

教会に伝わる「古くからのことわざにも『よく歌う人は倍祈ることになる』と」(「ミサ典礼書の総則」19)言われているように、教会は音楽的な伝統を大切にしてきました。『典礼憲章』(112)も、次のように教えています。「全教会の音楽伝統は、他の諸芸術の表現にまさって、はかりしれない価値をもつ宝庫である。それは特に聖歌が、ことばと結ばれて荘厳な典礼の一部をなし、必要欠くことのできない部分を成しているからである。   ……したがって、教会音楽は、祈りをより美しく表現し、一致協調を促進し、また聖なる儀式をより荘厳なものとして豊かにすることにより、典礼行為と固く結ばれるにつれて、いよいよ聖なるものとなるのである。」

この説明からも分かるように、教会音楽は、ことば(歌詞)と結ばれて典礼の一部をなすもの、すなわち「公的な祈り」です。そのために、「聖歌に用いられる歌詞は、カトリックの教えに合致したもの、さらに、主として聖書と典礼の泉からくみ取られるべき」(『典礼憲章』121)ものとされています。教会の歴史の中で、異端派の人々が自分たちの信仰を広める手段として、聖歌を作って歌わせた経緯もありました。典礼の中で用いられる聖歌は祈りの一部であり、信仰の正しい表現でなければならないため、その歌詞は司教協議会(中央協議会)あるいは教区司教の認可を必要としています(カトリック新教会法典825〜 826、「ミサ典礼書の総則」26、「教会の祈りの総則」178など参照)。したがって、司教協議会(中央協議会)や教区司教が認可していない一般的なフォークソングや歌謡曲を、公的な祈りである典礼で用いることはできないのです。

教会音楽がどのようなものであるべきかに関しては、1963年に発布された『典礼憲章』の第6章(112〜121)で取り扱われていますし、また、 1967年には「典礼音楽に関する指針」も公布されていますので、参照していただければと思います。

●回答者=白浜満司教

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 六年前の3月11日、東日本大震災が起こりました。私はその時、東京にいて会員と二階の部屋で面接をしてい…
  2. あれから5年—。メディアは、どれほどの情報を人々に発信してきたか。時に人々は取材される側になり、微妙…
  3. 軽井沢にある宣教クララ会の修道院で、2017年5月28日~6月3日まで、聖パウロ修道会の黙想会がおこ…
  4. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
  5. 聖アポリナーリス司教の記念日は、7月20日です。しかし、実際に亡くなったのは7月23日であったと伝え…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »