取るに足りない僕 年間第27主日(ルカ17・5~10)

今年の7月20日からベトナムのホーチミンに派遣され、7月25日からベトナム語学校に通っています。多くの市民はバイクを使って通勤・通学していますが、私はバイクでの運転に慣れていないことや日本とは状況が全く異なっていることもあって、バスで通学しています。バイクでの通学のよいのですが、勇気が入ります。ホーチミン市内に来てみればよく分かりますが、バイクの量が半端ではありません。バイクの大群をたとえるなら、ミツバチの大群が一斉に押し寄せてくるような雰囲気で、しかも急に進路変更したり、歩道をバイクが走ったりなど、日本では考えられないことがたくさんあります。またラッシュアワーの時間とはいえ、日本と違いいつでも座れます。通い始めて四週間が過ぎましたが、一度だけ途中まで立ったことがありますが、あとはすべて座っていけます。その点でバスが便利かもしれません。ただバス停の車内放送がないので、事前に降りる場所を確認しておかなければなりませんが…。

さて私が住んでいる共同体の一階は子供服売り場で、二階から五階まで共同体のために借りています。その一階に、守衛をしている75歳くらいのおじいさんがいます。彼はお店や玄関の開け閉めはもちろん、お客さんの出入りなどをチェックしています。宿直の時には細長い椅子に眠っていて、とても器用に眠ることができるなあと感心するくらいです。そのおじいさんに挨拶するといつも笑顔で応えてくれます。そのおじいさんの笑顔を見ていると、ふだんの疲れも吹き飛びそうです。

今日のみことばで、「わたしたちは取るに足りない僕です。なすべきことを果たしたにすぎません」(ルカ17・10)という言葉がありますが、そのおじいさんの姿には、この言葉がぴったり合うような感じです。私たちも日ごろの働き、勉強、活動など、「わたしたちは取るに足りない僕です」と言えることができればいいなあと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 教会の歴史を振り返ってみると、とても興味深いものです。うまくいった時代もあれば、種々の困難を抱えてい…
  2. 東日本大震災後78カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. ヤコブは、六歳でケラスコの小学校に入学した。ヤコブの家から学校までは約三キロメートル、静かな田舎道を…
  4. 本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「…
  5. ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  2. パウロは、結婚を否定はしていないものの、結婚に関して、とても消極的な発言をしていると聞いています。本…
  3. 11月30日は聖アンデレ使徒の祝日です。使徒たちの生涯やその教えから学ぶことはたくさんありますが、私…
  4. 今日の箇所のタイトルは「放蕩息子」と付けられたりしますが、実際には「お父さんのいつくしみ」「お父さん…
  5. いつも当会のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、Facebookの投稿記…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »