取るに足りない僕 年間第27主日(ルカ17・5~10)

今年の7月20日からベトナムのホーチミンに派遣され、7月25日からベトナム語学校に通っています。多くの市民はバイクを使って通勤・通学していますが、私はバイクでの運転に慣れていないことや日本とは状況が全く異なっていることもあって、バスで通学しています。バイクでの通学のよいのですが、勇気が入ります。ホーチミン市内に来てみればよく分かりますが、バイクの量が半端ではありません。バイクの大群をたとえるなら、ミツバチの大群が一斉に押し寄せてくるような雰囲気で、しかも急に進路変更したり、歩道をバイクが走ったりなど、日本では考えられないことがたくさんあります。またラッシュアワーの時間とはいえ、日本と違いいつでも座れます。通い始めて四週間が過ぎましたが、一度だけ途中まで立ったことがありますが、あとはすべて座っていけます。その点でバスが便利かもしれません。ただバス停の車内放送がないので、事前に降りる場所を確認しておかなければなりませんが…。

さて私が住んでいる共同体の一階は子供服売り場で、二階から五階まで共同体のために借りています。その一階に、守衛をしている75歳くらいのおじいさんがいます。彼はお店や玄関の開け閉めはもちろん、お客さんの出入りなどをチェックしています。宿直の時には細長い椅子に眠っていて、とても器用に眠ることができるなあと感心するくらいです。そのおじいさんに挨拶するといつも笑顔で応えてくれます。そのおじいさんの笑顔を見ていると、ふだんの疲れも吹き飛びそうです。

今日のみことばで、「わたしたちは取るに足りない僕です。なすべきことを果たしたにすぎません」(ルカ17・10)という言葉がありますが、そのおじいさんの姿には、この言葉がぴったり合うような感じです。私たちも日ごろの働き、勉強、活動など、「わたしたちは取るに足りない僕です」と言えることができればいいなあと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今日(2月24日)は、サイゴン市内から車で4時間(距離にして200kmくらい)くらいのバオロックとい…
  2. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  3. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  4. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  5. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…

ピックアップ記事

  1. 主の降誕の朗読箇所では、いつもキリストの誕生の方に目を向けていきますが、今回はちょっと視点を変えて、…
  2. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  3. 今年は日本モンテッソーリ協会(学会)が創立されて50年を迎えます。モンテッソーリ教育は、子どもの人格…
  4. 作曲家のヘンデルで作った曲の中に「メサイア」があります。バッハの「マタイ受難曲」とともに、宗教音楽と…
  5. 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名・高山右近(1552〜1615年)をキリスト教カトリックの「福…
PAGE TOP
Translate »