家庭の友 2016年11月号

カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについて考える時ではないでしょうか。今回の特集では、臨終の床にある方々の場面に立ち会われたり、相談に関わられた方々に執筆していただきました。最初にウァルデマール・キッペス神父様(NPO臨床パストラル教育研究センター所長/レデンプトール会)、続いてシスター高木慶子さん(上智大学グリーフケア研究所特任所長/援助修道会)、最後に松本信愛神父様(大阪教区/ガラシア病院チャプレン)。これらの記事を通して、生と死の深さを考えていただければ幸いです。
※2016年11月号は10月8日頃の発行を目指しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今回は、もしかすると日本ではあまり知られていない聖人、トゥリビオを取り上げたいと思います。聖トゥリビ…
  2. 2017年3月17日から3月25日まで、日本管区の訪問のため、イタリアから総顧問の二人が来日していま…
  3. 東日本大震災後73カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  5. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…

ピックアップ記事

  1. 日本のカトリック教会で全国共通 の祈祷書として、長い間親しまれて、愛唱されてきた『公教会祈祷…
  2. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考に…
  3. 【2016年度 サンパウロ夏期休業日のお知らせ】平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます…
  4. 私たちは、国内外の歴史を振り返る時、いくつもの自然災害や疫病、戦争や経済的な変動が起こったことを知っ…
  5. 人にはそれぞれ名前がついていますが、親にとってはその子どもの将来を考えて名前を付けたことでしょう。私…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »