家庭の友 2016年11月号

カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについて考える時ではないでしょうか。今回の特集では、臨終の床にある方々の場面に立ち会われたり、相談に関わられた方々に執筆していただきました。最初にウァルデマール・キッペス神父様(NPO臨床パストラル教育研究センター所長/レデンプトール会)、続いてシスター高木慶子さん(上智大学グリーフケア研究所特任所長/援助修道会)、最後に松本信愛神父様(大阪教区/ガラシア病院チャプレン)。これらの記事を通して、生と死の深さを考えていただければ幸いです。
※2016年11月号は10月8日頃の発行を目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アレキサンドリアの司教聖チリロの記念日は6月27日です。チリロは、エジプトで378年ごろに生まれ、4…
  2. 手紙を出すために、日本だとあちこちで郵便ポストを見かけることができます。ベトナムのサ…
  3. 2017年6月14日~16日、イタリア管区の第19回管区総会が開催されました。この会議では、第二…
  4. ある時、何人かで食事をしていたときでした。ある方が「皆さんにとって、イエス様はどこにおられますか?」…
  5. 2017/6/23

    聖母のみ心
    聖母のみ心の記念日は、1944年、第二次世界大戦が終わりへと向かう中、教皇ピオ12世が制定しました。…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. ある人から、「ブラザーは祈ったことがありますか。本当に祈って聞き入れられますか。祈っても一向に良くな…
  2. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考に…
  3. イエスが誕生した時、東方の博士たちは「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか」(マタ2・…
  4. 2016/12/22

    主の誕生
    今年もクリスマスがやって来ました。私たちのために神の子が人となられたこと、救い主が生まれたことを教会…
  5. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »