乃笑の笑み 一番行きたくなかった国バングラデシュ

バングラデシュと比べて50の物がある日本の人は、『50倍幸せ』ですか?
スタディーツアーの何たるかも知らぬまま、バングラデシュに来てしまった女子高生の驚きと疑問。食事は素手で、井戸は汲まなきゃ水は出てこない――。でも「お金」「地位」「名誉」は、本当に人を幸せにしてくれるのだろうか? 映画『風に立つライオン』(原作:さだまさし)に背中を押されて書き上げた、発展途上国と先進国日本への思い。バングラデシュの子どもたちにもらった笑顔のバトンを日本に届けたい…。

さだまさしさん推薦!
いつの日か観た映画が無意識に脳裏に残り、あるとき急に具体的な映像になって蘇る――。
それはやがて、大きな決断を導くことになる。乃笑(のえみ)さんから突然届いた本のゲラ刷りと手紙は、そのことを雄弁に語っていた。そして会ったこともない女子高生の『冒険』にかかわれたことを、私は誇らしく思った。

乃笑の笑み

著者:川嶋乃笑
判型:B6判並製
本体:1,600円+税
ISBN:978-4-8056-6935-8
発行:サンパウロ
※2016年10月14日発売予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今回は、もしかすると日本ではあまり知られていない聖人、トゥリビオを取り上げたいと思います。聖トゥリビ…
  2. 2017年3月17日から3月25日まで、日本管区の訪問のため、イタリアから総顧問の二人が来日していま…
  3. 東日本大震災後73カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 2017/3/22

    聖水について
    教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  5. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…

ピックアップ記事

  1. 2016/10/23

    世界宣教の日
    教会は、典礼暦とは別に、一年の中でいくつかの特別な日を定めています。すでに見た世界病者の日(2月11…
  2. 【人々に愛される修道院のワインをぜひ一度お試しあれ】古来、ワインは主に修道院で醸造されていました。…
  3. 【キリシタン大名・高山右近に熱視線!】大名の地位を捨ててもなお、信仰に命をささげ、徳川幕府の禁教令…
  4. 司祭になって三十二年になりますが、時が経つのも早いものです。叙階から三十年を超えるとそろそろ古株の域…
  5. 金持ちとラザロの話を通して、どんなものに信頼を置くかを問いかけてくれます。金持ちのようにお金に信頼を…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »