乃笑の笑み 一番行きたくなかった国バングラデシュ

バングラデシュと比べて50の物がある日本の人は、『50倍幸せ』ですか?
スタディーツアーの何たるかも知らぬまま、バングラデシュに来てしまった女子高生の驚きと疑問。食事は素手で、井戸は汲まなきゃ水は出てこない――。でも「お金」「地位」「名誉」は、本当に人を幸せにしてくれるのだろうか? 映画『風に立つライオン』(原作:さだまさし)に背中を押されて書き上げた、発展途上国と先進国日本への思い。バングラデシュの子どもたちにもらった笑顔のバトンを日本に届けたい…。

さだまさしさん推薦!
いつの日か観た映画が無意識に脳裏に残り、あるとき急に具体的な映像になって蘇る――。
それはやがて、大きな決断を導くことになる。乃笑(のえみ)さんから突然届いた本のゲラ刷りと手紙は、そのことを雄弁に語っていた。そして会ったこともない女子高生の『冒険』にかかわれたことを、私は誇らしく思った。

乃笑の笑み

著者:川嶋乃笑
判型:B6判並製
本体:1,600円+税
ISBN:978-4-8056-6935-8
発行:サンパウロ
※2016年10月14日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 6月21日に祝われる聖人、アロイジオ・ゴンザガは、1568年に、ゴンザガ家の一つであるカスティリオー…
  2. ある時、何人かで食事をしていたときでした。ある方が「皆さんにとって、イエス様はどこにおられますか?」…
  3. 軽井沢にある宣教クララ会の修道院で、2017年5月28日~6月3日まで、聖パウロ修道会の黙想会がおこ…
  4. 【サンパオリーノの公式オンラインショップが遂にオープン!】日本初となる修道院製品のセレクトショッ…
  5. 「聖パウロ協力者会」の新しいホームページができました♪聖パウロ協力者会は、社会的コミュニケーショ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »