やもめ 年間第10主日(ルカ7・11~17)

「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということばから始まります。「やもめ」はギリシア語で「ケーラ」(寡婦)が使われ、語源的には「見捨てられた者」という意味があり、「夫なしに生きる女性」を指しています。夫を亡くして、今後どのように生きていったらよいのか、とても路頭に迷っている心境が想像できます。

異邦人の世界において、やもめになった場合、実家に戻るか、夫の家に留まって忍従の生活を送るか、再婚するか、死を選ぶかと言われていました。その点でとても虐げられた生活であったことが分かります。一方、旧約聖書の世界では、やもめの身分は「神の罰」(出22・23)、不正に苦しみ(イザ10・2)、人権を失い(イザ1・23)、社会からは屈辱的な低い評価を受け(イザ54・4)、遊女や離縁された者と同じ立場に立たされ(レビ21・14)、種々の虐げられた生活を強いられていました。やもめであることは、夫を亡くし、生活力がないという意味で、とても悲痛な立場にあり、異邦人や旧約聖書の世界においてあまり高い評価を受けていないことが分かります。ただでさえ厳しい状況の中で、たった一人の息子が亡くなっていきます。今まで以上に生きる希望を失ったのではないでしょうか。

そんな彼女を見て、イエスは同情します。「主はこの婦人を見て憐れに思い、『泣くことはない』」(ルカ7・13)と語ります。「憐れに思う」同情の気持ちは、放蕩息子のたとえに出てくる「父親は息子を見つけ、憐れに思う」状況とまったく同じです。神の慈しみからあふれ出てくる思いがここには込められています。

やもめに対する同情、深い憐れみの心、慈しみの心を今日のみことばから味わってみたいものです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 今回は8月29日に記念される、洗礼者聖ヨハネの殉教(マルコ6・17〜29)を取り上げたいと思います。…
  2. 新約聖書の文書の並び順は、どのように決められたのでしょうか。年代順に並べればよかったのにと思うのです…
  3. 祈りのうちに、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?日時:2016年11月27日…
  4. 3月17日に、私たちは日本の教会の歴史にとって記念すべき日を祝います。それが「日本の信徒発見の聖母」…
  5. 初めがあれば、終わりがあります。 教会の典礼では、今日から待降節に入り、典礼暦で言えば、まさ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »