感謝と忠実という種 年間第25主日(ルカ16・1〜13)

突然ですが、私たちは自分に与えられた仕事に対して、頼まれたことに対して【感謝】しているでしょうか。もう一歩、踏み込んで、その仕事を「忠実」に果たしているでしょうか。もし、感謝を忘れ、「このくらいでいいか」と思って、しているとすれば、いつの間にか周りから、遠ざけられてしまうかもしれません。ある方が、「働く」とは、「『傍(はた)を、楽にする』ところから来ている」と聞いたことがあります。私たちが行っている仕事、頼まれたことを一生懸命に行うと、周りの人も楽になりますし、私たち自身も楽になるのかもしれませんね。

きょうのみことばは、「不正な管理人」という譬え話が語られています。イエス様は、『放蕩息子』の譬え話を弟子たちに語られ、おん父のいつくしみを伝えられた後、さらに、きょうの譬え話を語られます。みことばには、「ある金持ちに1人の管理人がいた。この男が主人の財産を使い込んでいると、告げ口するものがあった。」とあります。たぶん、この金持ちはおん父のことではないでしょうか。そして、管理人とは、私たち一人ひとりのことということになるでしょう。管理人は、主人の財産を任されているということから、かなり信頼を得ていたでしょうし、仕事も一生懸命にやっていたのでしょう。しかし、いつの間にか、自分に与えられていた仕事や信頼に対して、【慣れて】きたのかもしれません。あるいは、「自分は主人の財産に対して、自由に采配を振ることができる」という錯覚をするようになったのではないでしょうか。これは、私たちにも当てはまることかもしれません。もし、私たちがおん父から与えられた、お恵みに対して甘え、それを乱用したとするならば、この管理人のように「主人の財産を使い込んでいる」と指摘されるかもしれません。

主人は、彼を呼んで「……もうお前を管理人にしておくわけにはいかない」と伝えます。彼は、解雇され、生きる糧をなくすことになります。彼はこれからの自分が生きて行くためにどのようにすればいいのかを考えます。みことばには、「……そうだ、こうすれば管理の職をやめさせられた時、人々がわたしを自分の家に迎えてくれるに違いない」と考え、負債者に貸した金額を減らすという方法を見つけます。たぶん、この管理人は、負債者が負債を返済できないことを考え、ある程度水増しをした金額を伝えていたのではないでしょうか。そのため、彼はその差額分をそれぞれの減らした額を「証文」に書き直させたのでしょう。主人は、管理人の抜け目ない振る舞いを「この代の子らは自分の同世代のものに対しては、光の子らよりも抜け目がないものである」と言って褒めます。

主人である、おん父は、管理人の不正なやり方に対して褒めたのでしょうか。それは、彼が自分の生きる術を考えだし、実行したからではないでしょうか。別の見方をするならば、彼は、主人から指摘され、「我に返った(回心)」と言ってもいいかもしれません。この譬え話の前に、おん父の「いつくしみの愛」を伝える『放蕩息子』の譬え話をイエス様は語られています。もしかすると、イエス様は、この「主人の財産を使い込んだ」【管理人】の罪を許された「主人(おん父)」の「いつくしみの愛」を弟子たちに伝えようとしていたのではないでしょうか。

イエス様は、あらためて「そこで、わたしはあなた方に言っておく。」と弟子たちに注意を促され、「不正な富を利用して、友人を作りなさい。そうすれば、それがなくなったとき、彼らがあなた方を永遠の住まいに迎え入れてくれる。」と言われます。ここで新たな疑問が出てきそうですが、「不正な富」とはどのようなことでしょう。これは、当時「富」は、徴税人たちが自分の手数料も含めて、人々から徴税をしていたように、不正な手段で得られていたと考えられていたようです。しかし、イエス様は、これらの富(地上での富)を利用して、善行を行うなら「永遠の国」に迎えられる、と弟子たちに伝えているのではないでしょうか。

イエス様は、さらに、「ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実であり、ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。」と言われます。これは、管理人で喩えられているように、いつのまにか、彼が仕事に対して「不忠実」になり、主人の財産を使い込んだことを意味しているのではないでしょうか。イエス様は、私たちがおん父から与えられた使命に対して、それが、「ごく小さなこと」に見えても、それを感謝して、忠実に果たしていれば、「大きなこと(使命)」を与えられると言われているのかもしれません。イエス様は、「あなた方は神と富みに兼ね仕えることはできない。」と言われます。イエス様は、「富」への執着をしながら同時に「神」に仕えることができないと言われているようです。私たちは、いま目の前に与えられているおん父からの「仕事」に感謝し、忠実に行うことができたらいいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 受難の主日(枝の主日/2017年4月9日)が近づいてきました。日本では枝というと「棕…
  2. 神のしもべ、尊者、福者、聖人の段階がありますが、これらはいつごろ、どのようにして決まったのですか?…
  3. いただいた、恵みに気づく マインドフルネスを用いて・・・日時:2017年6月25日(日)9:30…
  4. 聖ペトロ・ダミアノ司教教会博士の記念日は、元来2月23日でした(2月22日から23日にかけての夜に亡…
  5. 私たちは、悩んだことがない人はいないと言ってもいいでしょう。それは、小さな悩みから、人生を左右するよ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »