「三位一体」という表現 三位一体の主日(ヨハネ16・12~15)

「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになったのでしょうか。『カトリック大辞典』(研究社発行)を参考にすると、「三位一体」という表現は、「『一つにまとめられた三つのもの』を意味する『トリアス』という言葉である。現存する資料にトリアスという語が最初に現れるのは、一八一年頃に書かれたアンティオキアのテオフィロスの著書においてである(『護教論』2、15)。ラテン語のトリニタスを最初に用いたのは、テルトゥリアヌスである。キリスト者たちはまた、父と子と聖霊との一体性と区別を示し、さらに御子と聖霊の御父からの由来を示すためにさまざまな譬えを考え出した。①泉、川、用水路、②太陽、光線、輝き、③根、木、花、④木、花、香などである」。確かに「一つにまとめられた三つのもの」と言われても、何のことだろうと思うことでしょう。難しい教義だけに、自然界にまつわる譬えを考え出したのかもしれません。

事実、「三位一体」という表現はとても古い歴史をもっています。「一つにまとめられた三つのもの」ということで、アレキサンドリアの司祭であったアリウス(256年~336年)の異端が生じ、そのために聖アタナシオ(296年~373年)、さらにはカパドキアの三教父(バジレイオス、ナジアンズのグレゴリオ、ニッサのグレゴリオ)が、解決のために道を切り開いていきます。こうしてアリウスの意見は排斥され、三二五年にニケア公会議が開催され、そこで唯一の神は、父、子、聖霊の三つのペルソナということが決定されていきます。さらに四五一年のカルケドン公会議で確認されていきました。

教義の側面で三位一体を考えていくと、何となく厳格さが漂ってきますが、御父、御子、聖霊が一つであるという教えの中に、一致のモデルともいえるものが見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【日本語聖書の定番「新共同訳」と、世界で愛読者急増中の“English Standard Versi…
  2. 私たちは、各々タレントを頂いています。たとえば、芸術に優れている人、語学に堪能な人、周りの人を和ませ…
  3. とまにちわ!6月30日は「使徒パウロ」の祝日。パウロ家族固有の祝日です。今年も、若葉…
  4. パウロは、結婚を否定はしていないものの、結婚に関して、とても消極的な発言をしていると聞いています。本…
  5. 昨日、黙想の家をアップしましたが、茅葺のような家は、バナナの葉でできていると説明したのですが、後で、…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »