「三位一体」という表現 三位一体の主日(ヨハネ16・12~15)

「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになったのでしょうか。『カトリック大辞典』(研究社発行)を参考にすると、「三位一体」という表現は、「『一つにまとめられた三つのもの』を意味する『トリアス』という言葉である。現存する資料にトリアスという語が最初に現れるのは、一八一年頃に書かれたアンティオキアのテオフィロスの著書においてである(『護教論』2、15)。ラテン語のトリニタスを最初に用いたのは、テルトゥリアヌスである。キリスト者たちはまた、父と子と聖霊との一体性と区別を示し、さらに御子と聖霊の御父からの由来を示すためにさまざまな譬えを考え出した。①泉、川、用水路、②太陽、光線、輝き、③根、木、花、④木、花、香などである」。確かに「一つにまとめられた三つのもの」と言われても、何のことだろうと思うことでしょう。難しい教義だけに、自然界にまつわる譬えを考え出したのかもしれません。

事実、「三位一体」という表現はとても古い歴史をもっています。「一つにまとめられた三つのもの」ということで、アレキサンドリアの司祭であったアリウス(256年~336年)の異端が生じ、そのために聖アタナシオ(296年~373年)、さらにはカパドキアの三教父(バジレイオス、ナジアンズのグレゴリオ、ニッサのグレゴリオ)が、解決のために道を切り開いていきます。こうしてアリウスの意見は排斥され、三二五年にニケア公会議が開催され、そこで唯一の神は、父、子、聖霊の三つのペルソナということが決定されていきます。さらに四五一年のカルケドン公会議で確認されていきました。

教義の側面で三位一体を考えていくと、何となく厳格さが漂ってきますが、御父、御子、聖霊が一つであるという教えの中に、一致のモデルともいえるものが見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. ヤコブは、青少年時代も、身体が細く、栄養失調気味の蒲柳の質であった。母は、この子のために食べ物につい…
  2. 日本にはたくさんの観想修道院がありますが、どのような生活をしているのか、どんな活動をしているのか、よ…
  3. とまにちわ!おみやげでもらったベトナムコーヒー。なんでも、ベトナムはコーヒー生産国第二位…
  4. 「聖書外典」はゴシップ記事のようなものでしょうか。『ヤコブ原福音書』や『トマスによるイエスの幼年物語…
  5. 都会の中で夜の星を見るときと田舎で見る星とは、輝き方が違うという経験をされた方も多いかと思います。そ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »