「三位一体」という表現 三位一体の主日(ヨハネ16・12~15)

「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになったのでしょうか。『カトリック大辞典』(研究社発行)を参考にすると、「三位一体」という表現は、「『一つにまとめられた三つのもの』を意味する『トリアス』という言葉である。現存する資料にトリアスという語が最初に現れるのは、一八一年頃に書かれたアンティオキアのテオフィロスの著書においてである(『護教論』2、15)。ラテン語のトリニタスを最初に用いたのは、テルトゥリアヌスである。キリスト者たちはまた、父と子と聖霊との一体性と区別を示し、さらに御子と聖霊の御父からの由来を示すためにさまざまな譬えを考え出した。①泉、川、用水路、②太陽、光線、輝き、③根、木、花、④木、花、香などである」。確かに「一つにまとめられた三つのもの」と言われても、何のことだろうと思うことでしょう。難しい教義だけに、自然界にまつわる譬えを考え出したのかもしれません。

事実、「三位一体」という表現はとても古い歴史をもっています。「一つにまとめられた三つのもの」ということで、アレキサンドリアの司祭であったアリウス(256年~336年)の異端が生じ、そのために聖アタナシオ(296年~373年)、さらにはカパドキアの三教父(バジレイオス、ナジアンズのグレゴリオ、ニッサのグレゴリオ)が、解決のために道を切り開いていきます。こうしてアリウスの意見は排斥され、三二五年にニケア公会議が開催され、そこで唯一の神は、父、子、聖霊の三つのペルソナということが決定されていきます。さらに四五一年のカルケドン公会議で確認されていきました。

教義の側面で三位一体を考えていくと、何となく厳格さが漂ってきますが、御父、御子、聖霊が一つであるという教えの中に、一致のモデルともいえるものが見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
  2. フランシスコ会聖書研究所『聖書』からの『新約聖書』版。原文校訂(本文批判)による口語訳。本文…
  3. 2017年12月8日、フィリピンのマカティ修道院において二人の新司祭(ディンド・プルト神父、レイメル…
  4. 日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の6か国の管区長、地区長、使徒職責任者、編集責任…
  5. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
PAGE TOP
Translate »