弁護者 聖霊降臨の主日(ヨハネ14・15~16、23b~26)

今日、「聖霊降臨」をお祝いしていますが、「聖霊」という表現を信者でない方が耳にした時、ちょっと違和感を覚える方もいらっしゃるでしょう。「霊」について「国語辞典」を調べると「①はかり知ることのできない不可思議な働きがある。神々しく尊い。神聖。②肉体に宿って肉体を支配する働きを持つもの。肉体を離れた人間の精神的本体。③万物の精気。④さいわい。恩恵。⑤すぐれてよい」となっています。後半のほうはよい意味ですが、前半のほうは不可思議さが漂い、霊妙、霊気、霊界、死霊、悪霊などをイメージしそうです。「漢和辞典」でも「死者のたましい。死者そのもの」という意味が登場し、何だか怖いイメージが先行します。

新約聖書に出てくる「霊」は通常「プネウマ」が使われ、「魂」「息」「風」などの意味があり、怖いというよりも人間が生きていく上で不可欠なものとして考えることができます。日本人が考えるイメージとはかけ離れているかもしれません。

今日のみことばの中で、「わたしも父にお願いしよう。そうすれば、別の弁護者を遣わして、いつまでもあなた方とともにいるようにしてくださる」(ヨハネ14・16)とあります。別の弁護者もまた聞き慣れない表現かもしれません。

フランシスコ会訳の注のところに「『弁護者』は、原語では『パラクレートス』。助け主、忠告者、保護者の意味もあり、一ヨハ2・1ではイエスに適用されているが、ここでは聖霊を指している。この語は26節、15・26、16・7にも出る。イエスがいつも弟子たちとともにいることを述べるマタ28・20と同じように、本節は、聖霊が弟子たち、すなわち教会とともに留まることを述べる」と記されています。

「聖霊」「弁護者」など、日本の社会では理解しにくい表現ですが、そこには私たちと共に歩んでくださる恵みが込められています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. パウロの言う「義」がよくわかりません。「神の義」とか、「義とされる」の意味を、分かりやすく説明してく…
  2. 2017年2月7日(火)、ユスト高山右近が列福されることになりました。この列福のためには、70年以上…
  3. 2月18日(土)、ベトナム語学校もお休みでしたので、久しぶりにのんびりとブラザー牧山とともに、メコン…
  4. 総長が選出されて2周年にあたり、副総長のヴィート・フラッキオッラ神父が出したメッセージの日本語訳をご…
  5. 東日本大震災後71カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »